エントリー

個人賠償適用?傷害事件への波及も

  • 2021/07/01 06:51

損保の特約、損害保険、個人賠償でも「素因の競合、賠償論が”最上位に君臨させて有るようです”自転車を含めた交通事故傷害事件以外の、日常生活を送る上で起きた傷害事件、傷害致死事件も、加害責任者、被保険者が、傷害事件加害責任により、負った賠償債務の補填を行う、損害保険特約、商品”です」

この損害保険商品「人身交通事故事件の場合”自賠責補償事業が先行”で、任意損保、共済が、一括代行手続きを取るので?自賠法と言う国の補償事業の代行だから、弁護士法第72条、27条違反も、刑事罰も科さずに行わせて有る、と言う、黒いからくり特権は、自賠責保険は適用されず、使えないのですよ、単なる傷害事件、傷害致死事件ですから”」

と言う事実により「個人賠償適用傷害事件、傷害致死事件に付いて、任意損保は”被害者側への調査権限も無し”個人賠償特約損保が認めている通りです」

この法律事実が有るので「素因の競合”被害者は過去に、人身交通事故で怪我を負い、補償、賠償を受けて居る、素因の競合だ!傷害事件で怪我を負ったと言う事を認めない”この手は、個人賠償特約損保による、違法な個人情報取得、恐喝の武器で悪用で有り、強制捜査事件となります」

この犯罪を成功させるには「刑事一課強行犯が先ず”主治医、治療先に、医学的傷害事件証拠を揃える為の捜査を掛ける事を、人身交通事故事件抹殺の手と同じく、主治医、治療先への捜査潰しが必要です”」

傷害事件被害者は、人体に危害を加えられたと言うが、人体への攻撃で、人は怪我を負った事実は無し!こう、人身傷害加害、被害は、刑事事件捜査で無かったと、事件捜査で証明済み、と偽る必要が有ります、で、傷害事件加害責任者は、刑事、民亊とも無責を勝ち取れる訳です、人身交通事故事件と同じく。

この手を「今年起きた、重量物転倒で下敷き人身被害事件で”個人賠償特約損保、提携弁護士が使って来て居ます”被害者はこいつらとは、何の関係も無い、個人賠償とも無関係ですが」

更に、個人賠償特約損保は「素因の競合も”恐喝、脅迫、強要を成功させる武器で、違法に情報を悪用して、持ち出して来て居ます”傷害事件被害者は、他に怪我を負った事が有り、補償、賠償を受けて居る、この怪我が原因、事実だ、傷害事件が怪我の原因では無い、又は」

他の怪我が大きな原因だ、傷害事件で怪我を負ったとしても?素因の競合要件が大きい、過失責任の多くは、素因の競合、別の傷害事件受傷の怪我が原因だ!等言い掛を付けて来ています。

素因の競合が大きな原因、過失割合責任だ、損保は「何の情報を、どういう法理論により得て”被害者には素因の競合が有る、素因の競合原因に、過失い割合責任を負わせる!”と、恐喝、脅迫、強要に走れているのか?」

人身交通事故事件3件と、傷害事件が合わさり、刑事事件捜査全て必須、主治医への捜査も、に、自賠責事業が、3人身交通事故事件を合わせて、後遺症再審査を行う状況で、素因の競合と、医師法と、真っ向刑事事件で先ず対決です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703341
ユニークアクセス:4877677
今日
ページビュー:347
ユニークアクセス:347
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed