エントリー

被害者の防衛策は

  • 2021/07/03 07:15

損保、共済が「賠償債務者を被保険者とさせて、賠償債務の補填責任が生じた、傷害、傷害致死事件の場合”警察、司法、法務省は、闇で損保、共済が、合法賠償を逃れられるようにと言う、とんでも理由で”被害者が第三者行為傷害被害を受け、死傷した、との医学的証拠は、主治医への捜査せず、傷害事件被害の部位、症状等が、どうなっているかの、検査等による証拠を、傷害事件を消す為に、こうに揃えない手を、国中で使い、傷害事件は起きていないと、捏造事件捜査を重ねて有ります」

傷害事件が起きた事は「傷害事件被害者が診断、治療、検査を受けて居る主治医、医療機関に、刑事訴訟法手続きによる、医療証拠を揃える捜査を掛けなければ、傷害事件が起きた事は立証出来ません、傷害事件加害者は、傷害事件を起こしたとの証拠無し、よって、刑事、民亊共無責と、この詐欺刑事事件捜査で、公式証拠作りに勤しんで有ると言う事です」

この、過去からずっと成功させて来てある「傷害事件抹殺詐欺事件捜査のみ、常時成功させて、加害者刑事、民亊とも無責証拠で確定させて有る、刑事事件捜査記録、決定と言う、法務省、司法、警察共謀捏造証拠で、人身被害者は”賠償詐欺行為者、怪我を負ったは嘘、詐欺犯”と、公式捏造されてしまって居ます」

本当は「傷害事件で、傷害事件加害責任者、賠償債務を負った、損保にとって被保険者を、100パーセント、全部の傷害事件で無責と決定させて”被害者の負った怪我は虚偽、賠償詐欺犯罪者”と、詐欺傷害事件捜査により、決定させて、詐欺で摘発、賠償一切支払い不要( ´艸`)と、損保の支配下に居る法務省、司法、警察は、して通したい、損保の命令を受けて、なのでしょうが」

さすがにそこまで捏造ですると「いくら無知で愚かしい平民でも”詐欺で傷害事件捜査が、常時凶行されて居る事に気付くだろうから”受傷原因不明、一週間の加療を要するとの、やらせ診断書に沿い?多少の掴み金を投げ付けて、大半の合法賠償を踏み倒して居る訳です」

損保が合法賠償せず、おおっぴらに恐喝を成功させる為の武器作り、詐欺捜査、この武器作りを被害者は、先ず知って、正しい傷害事件で負った受傷、この医学的証拠を、出来るだけ多く、カ月治療、検査を受けた後、揃えて、傷害事件捜査させなければなりません。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703331
ユニークアクセス:4877667
今日
ページビュー:337
ユニークアクセス:337
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed