エントリー

罠の程度も稚拙

  • 2021/07/09 07:54

損保が司法、警察、法務省を、実際には仕切って通って居ます、理由は「司法、警察、法務省の連中が、損保の職員よりもずっと”無能無知蒙昧だから”損保が絡む、損害賠償手続き、原因の刑事事件の合法立証からして、果たせる知識、能力が欠落して居るから、と言う理由です」

この事実が有り「車による、人体への危害事件、傷害事件、個人賠償適用傷害事件(傷害事件抹殺目的)も”損害賠償債務支払い責任を、損保が負う事件は”損保が提携弁護士を、被保険者が委任と、実際には損保の言う通り、弁護士が傀儡で動く事が必須条件、弁護士法第27,72条違反で、提携弁護士が、被保険者代理と言う名目で、実は損保の傀儡で、刑事、民事事件を戦うのが実際で」

刑事、民事事件を、実際には損保が、提携弁護士の指揮を執り、傷害事件証拠抹殺捜査の状態化実現、から果たせています。

この詐欺捜査を武器とさせるので「傷害事件は証明されておらず、加害者は、刑事、民亊とも無責決定が常と出来て居る訳です。

後は「損保、提携弁護士、民事事件裁判官、裁判所が共謀して”合法な損害賠償を、常に叩き潰せて居ると言う”傷害罪証拠抹殺が常、の事件捜査、証拠抹殺が常時が武器ですから、損保は合法賠償潰しだけ、常時通せて居る訳です」

この黒いからくりを、合法を武器とさせて暴き、潰しに掛かる被害者は「情報を数十年、闇で保管して置き、再度請求が出れば、賠償詐欺常習者と捏造で、詐欺犯で粛清に、現実に起きている通りの実態です」

この事実、特定の対人賠償、自賠責で補償を受けて居る、特定の被害者の情報を抜き出して、十年単位闇保存、次の支払い請求が出たら、賠償詐欺常習犯!と捏造して冤罪粛清に、表に出せない損保、警察、司法テロ実態です。 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703303
ユニークアクセス:4877639
今日
ページビュー:309
ユニークアクセス:309
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed