エントリー

司法、警察を支配下に置いている、損保の実際

  • 2021/07/09 14:25

司法、警察、金融庁、国土交通省は、損保に独裁支配されて居る、現実がこれ、ですから「損保は、被保険者、任意損害保険加入の被保険者、損保に取り、正しく任意損害保険被保険者が、損害賠償債務を負った時”独裁支配者特権を行使して、保険金不払い用の、先ず、刑事事件詐欺捜査指揮を執って、被保険者にとって傷害事件被害者は、傷害事件被害を負って居ない、ように、刑事事件詐欺捜査を、阿吽の呼吸で、常時成功させて、不払いが出来る証拠を、事前の談合通り、常に作られ、写しを、恐喝の絶対の武器で提供受けして居ます」

この一連の「損保による、国家権力独裁支配、賠償踏み倒しが常時成功させられて居る、被害者は、傷害事件被害受傷を受けて居ないとの、捏造事件捜査、送致公式証拠常時作成、この犯罪と合わせて”この犯罪を知って居て、合法を通そうとする、被害者を陥れようと”任意対人、自賠責保険から、賠償、補償支払いを受けた、これら邪魔な被害者の、賠償、補償を受けた情報を、長期間破棄せず残して有り」

次に任意、自賠責から支払い、賠償、補償を受けたと「次の事件の被害が発生して、請求が出て、気付いたなら”過去の賠償、補償支払い、後遺症認定情報を、十数年~数十年経過した情報も”持ち出して、二回目の賠償、補償請求だ、詐欺を働いている!”」

こう、事実無視で、損保間、提携弁護士、弁護士会、警察、検事、刑事、民事裁判官らで捏造して「賠償詐欺冤罪に落としに走る、二回、三回、対人賠償、自賠責補償を、傷害事件被害を受けた、と言って請求を行うと、過去の賠償、補償支払い事実を、長年経過後も持ち出して、賠償詐欺を働いている、事と偽ってして、冤罪粛清に走る訳です」

損保、提携弁護士、弁護士会、警察、検事ら、刑事、民事裁判官、裁判所が、ここまでの人権犯罪に、犯罪で合法賠償叩き潰しテロ用にも手を染めています。

昨年8月11日の、追突交通事故受傷事件では「共x火災、加害者警察官加入任意損保、自賠責は損保ジャパン、追突されたトラック加入、任意損保うみうえ海上お日様どう火災、任意損保と、ここの自賠責部署、多分あそこの警察署に、弁護士連中、検事も?が、冤罪粛清の罠に、と思える調査結果です」

実際の刑事事件、自動車保険対人、個人賠償特約、自賠責が、被害者の人的被害賠償、補償を、自動車保険、個人賠償で必要となれば「損保、提携弁護士が、詐欺捜査指揮を、提携弁護士、弁護士会に傀儡指揮を執らせて?賠償踏み倒し用、捏造事件捜査、記録だけ常に作らせて、通せている?支配下に居て、これのみ常時凶行、警察、司法と言う」

個人賠償特約の適用事件で「損保の提携弁護士が”被保険者が委任者と、ダミーを偽ってさせて、実際は損保が、刑事、民亊共捜査指揮を、何時も通り執ろうと画策、でも、成功させられず”逃げ回って居る、弁護士法第27,72条違反損保、提携弁護士との実例証拠です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703325
ユニークアクセス:4877661
今日
ページビュー:331
ユニークアクセス:331
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed