エントリー

国の強制保険事業、なのに

  • 2021/07/09 15:02

自賠責事業は、国が保険料を強制徴収して居て、合法を持ち、栗真で人体に被害を受けた人に、補償金を支払う事業ですが「実務を損保、共済、提携弁護士に丸投げして有り、任意対人保険金を、言い掛かり、刑事事件詐欺捜査損保、提携弁護士が指揮を執って成功常時、この民間損保事業犯罪を、自賠責と言う、国の事業業務代行に絡めて、共に悪行三昧に勤しみ捲れて居ます」

犯罪なのですが、自賠責事業と言う国の補償事業を、丸請けで来て居る特権を悪用させて、任意対人賠償、犯罪で踏み倒し捲り、を成功させて有ります、事件捜査で医療証拠を故意に揃えない、事故車両の走行速度を、実際より数分の一の速度と、損保、提携弁護士が、闇で捜査を仕切り、捏造をこっちでも成功」

刑事事件捜査指揮も、実際執って居て、ここまでの賠償潰し用犯罪まで、捜査機関、司法、法務省、金融庁こぞって損保の下僕に堕ち切っている故、実際果たせています。

昨年8月11日の、警察官が意識を飛ばして、トラック後部に突っ込んで来て、運転手が怪我を負った傷害事件でも「加害者警察官、加入任意損保は”刑事事件捜査で、傷害事件の証拠を故意に揃えて居ないから”刑事、民亊とも無責と、事前に決めて有る事等、事故発生後、知って居た訳です」

だから「賠償支払い拒絶、踏み倒しして逃げているし、刑事罰も無責です、喰わず逃げて居られるんです、やった者が勝つ、警察官加害者、加入任意損保、加入自賠責損保警察、司法共謀テロ犯罪の実態です」

トラックに掛かって居る任意自動車保険、人身傷害特約と、加害者加入自賠責保険、一部警察?が闇で結託して「平成20年10月21日にも、対人、自賠責から補償を、賠償支払いを受けて居るぞ、詐欺を働いている、と、自賠責情報悪用、悪用目的で、特別に保管の情報らしいです”これで賠償、補償詐欺を成立させられて居る?”やり放題ですね、本当に」」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703112
ユニークアクセス:4877448
今日
ページビュー:118
ユニークアクセス:118
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed