エントリー

実際の辯護士、検事、裁判官の頭の程度から、常識で理解するべき

  • 2021/07/10 07:44

損保、共済の職員が、賠償、補償合法支払いを潰す目論見で、提携弁護士を、被保険者、加入者側の被保険者に「白紙委任状に署名、押印させて、被保険者には弁護士を指揮する権限を、強制的に持たせない大前提で、損保の傀儡弁護士を、警察、検事、検察庁、刑事、民事事件担当裁判官、裁判所、弁護士法違反も有る、この犯罪を支援しても居る法務省も共謀犯で、ここまでの刑事、民事訴訟法から破壊が、日本で常に凶行されて、成功させられて居ます」

現実に今も、人身交通事故事件抹殺、主治医、医療機関への捜査を故意にせず、追突事件被疑者警察官を、傷害事件は立証されておらず、刑事、民亊とも無責である、こう、捏造刑事事件捜査記録を使い、処分せず決定を武器とさせて有り、通っている通りです。

しかも「逆恨みを募らせて居る損保、加害者加入共x火災対人、加害者加入、自賠責損保損保ジャパン、追突被害車両に掛けて有る任意自動車保険、xx海上xxが共謀して”平成20年10月21日に追突されて怪我を負い、自賠責、任意保険から補償、賠償を受けて居て、後遺症認定の下りていた情報を”平成20年10月21日の事件で、加害車両に掛かって居た、当時は日本興亜損保、現在は損保ジャパン日本興亜が、トラックに掛かっている任意損保の自賠責部署と共謀して、見つけ出して」

お前は平成20年10月21日に、自賠責から補償を受けて居て、後遺症認定も下りていただろう、加重と言って、二度と後遺症は下りないんだ、昨年8月11日の、追突事故被害で受傷したのは嘘だ、この過去の怪我の後遺症が原因だ、賠償詐欺だ!と、冤罪捏造に、揃って走って居ると言う。

ですが「平成25年12月20日に、右折暴走者に、横っ腹に突っ込まれて怪我を負わされて”任意、自賠が、こちらの車は、共にJA共済、突っ込んできた車の任意保険は損保ジャパン、自賠責は東海”の組み合わせで、両方の乗員が、自賠責、任意保険、共済から支払いを受けて居て、JA自賠と任意,東海自賠責は、こちらの乗員に、後遺症認定を認めています、つまり」

同じ傷害事件被害者で「平成20年10月21日の追突事故受傷被害と、平成25年12月20日の追突事故受傷被害で、自賠責補償を、後遺症認定も下りて受けて居る訳です”ですから、昨年8月11日の追突事件で、被害車両乗員が怪我を負い、自賠責、任意から補償を受けた、後遺症審査請求も、この事故受傷と言う事で行ったが、実は、平成20年10月21日の事故の怪我の後遺症の症状だ、昨年8月11日に怪我を負ったのは嘘だ”」

この、被害車両に掛かって居る、任意損保、自賠責は損保ジャパンに加入、との共謀行為で、被害車両に掛けて有る任意損保(と、掛けていない自賠部署も)による、上記賠償詐欺捏造行為は「完全なでっちあげ、冤罪捏造、国の補償事業悪用他犯罪と言う事です」

この一連の「総指揮が損保、警察、司法、国交省、金融庁は、損保の下僕故の事件も”司法、警察、各監督機関職員が、絶望的なまで無知無能故”でっち上げて成功させられそうになった、と言う事です」

国交省の腐敗、無能振りも酷過ぎで「平成20年10月21日の追突事件加害車両、掛かって居た自賠責は、日本興亜損保とも調べられず、東海自賠責と、証拠無しで伝えられたから信じた、と言い放っているし、平成25年12月25日の事件で、後遺症も下りて居る事も、全く調査能力も無い故、知らなかったと言う、これで国が保険料強制徴収、強制補償事業母体です」

自賠責情報も、恐喝の武器と、賠償詐欺冤罪捏造の武器用にされて居る、腐敗の極致に至っていますね、人身交通事故事件、個人賠償適用傷害事件の詐欺捜査、傷害事件抹殺が常の詐欺捜査常時と、これを悪用して、加害者免責、賠償常時恐喝踏み倒し、自賠責詐欺も組み合わせて有る、現実が証明する通り。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703236
ユニークアクセス:4877572
今日
ページビュー:242
ユニークアクセス:242
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed