エントリー

自分の事が全て

  • 2021/07/14 07:08

人身交通事故事件が起きると「任意自動車保険で賠償が必要になる、せっかく集めた保険料から”人身被害者に、賠償金支払いが必要になってしまう”合法な支払いなどする気は無い、捜査機関、司法に、黒い利権を一定提供して、車で人を死傷させた、傷害事件と言う証拠から、刑事事件捜査、刑事訴訟法手続きで抹殺させれば、合法な賠償は不要に出来る( ´艸`)」

この、真っ黒い損保、共済、提携弁護士、弁護士会、弁護士連中が仕切る闇の思惑に、刑事、民事事件を扱う最高裁以下裁判官、裁判所、検察庁、検事、法務省、警察庁、都道府県庁、報道カルトが「損保が合法賠償せず、公に賠償踏み倒しを”損保の下っ端迄、等しく果たせるように、闇で結託して、仕組んで有る手が”」

人身交通事故事件が起きたら「車で危害を加えられた被害者は、死傷させられたと言う、医学的証拠は、故意に揃えない手を構築して有るので、医学的証拠は無い、よって、傷害事件加害者責任は、刑事、民亊とも無い!この司法、警察、法務省、報道カルト共謀、犯罪刑事事件捜査の恒常化と言う手です」

刑事事件の捜査で「車で危害を加えられた被害者は、死傷させられたとの医学的証拠、証明は無いと、でっち上げ捜査を常時成功させて、送致して”傷害事件、傷害致死事件は証明されて居ない、詐欺捜査証拠で刑事事件で扱って居る、検事、裁判官ぐるみ”」

で「赤本、損保犯罪賠償論が絶対だと、闇で強制決定して有る、打撲一カ月、むち打ち三カ月、骨折六カ月、植物状態一年、延長一カ月まで認める”車で人体に危害を加えても、人は死傷しない刑事事件強制決定”を前提とさせての」

全く対人賠償、補償をしないで「詐欺事件捜査証拠を武器とさせて、人身受傷被害者を、片っ端から虚偽の受傷、賠償詐欺犯だと、冤罪で粛清も、流石に社会問題になり、拙いから”上記、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官でっちあげ、赤本賠償と、損保賠償論絶対、交通事故受傷治療、賠償期間の強制決定、医学的根拠は無効と、司法、警察、法務省、報道カルトが共謀犯で、強制捏造を常時成功させてくれるし、刑事、民亊共」

これが唯一絶対、と、国中で強制決定、強制適用以外認められない、テロが成功して居るのです。

昨日の、後遺症再申請理由の数々、損保、警察、司法、国交省、金融庁犯罪証明事実の列挙内容も、上記権力犯罪が成功させられる事が大前提「不都合が表に出されれば、人身受傷被害者を、虚偽の事故受傷、賠償詐欺犯罪者共、常時落とせているからです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703328
ユニークアクセス:4877664
今日
ページビュー:334
ユニークアクセス:334
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed