エントリー

刑事事件捜査への介入、損保、提携弁護士の通常

  • 2021/07/16 06:30

人身交通事故事件、被保険者、損保、共済加入者である、加入者側である、被保険者、傷害事件行為加害者を「実際は損保、共済と提携弁護士が共謀しており、被保険者、加害者はダミー!の、損保の提携弁護士委任者、この構図で”車で人に危害を加えても、被害者は人的被害を受ける事は無い!”と、違法な刑事事件捜査の制度?が、闇で仕組まれていると、損保、提携弁護士は、熟知して居るから、傷害事件は証明されて居ない、被害者なる者は、車で人体に危害を加えられたことで、怪我を負った(死亡した)との嘘を吐き、賠償金詐欺を働いて居るんだ、こう、常に恐喝に走れています」

車で人体に危害を加えても、被害者は人体に被害を受ける事は無いと「違法な刑事事件捜査を闇で仕組んで有り、常にこれで送致、実質刑事、民事責任は無い!と、刑事事件詐欺捜査で捏造して通して有るから、損保、提携弁護士、民事事件を扱う裁判官、裁判所は”合法賠償を、叩き潰し放題出来ています”何しろ」

車が原因の、人的加害行為は「違法な刑事事件捜査、傷害事件を故意に証明しない”と言う、絶対的武器が有り”起きた証拠の医療証拠は常に無し”と、捏造捜査で常時通して有るのだから」

この大前提が、国中で起きる、起きた人身交通事故事件の刑事捜査で、常時通されて居る訳ですから「損保、提携弁護士、交通事件担当検察庁交通部、検事、裁判所刑事、民亊部、担当裁判官、弁護士会、弁護士は”証明されて居ない、車による人の体への危害行為”なので」

刑事事件捜査段階から「起きて居ない傷害事件、加害者は無責で決定と決めて有る、よって損保、提携弁護士も、人的被害賠償は不要である、事前設定が武器で、刑事事件捜査段階から、被保険者、傷害事件加害者は無責、人的賠償は不要だ、と打って出られて居る訳です」

上級国民さんの、池袋車暴走、二名死去、怪我人数人発生事件も「自動車運転処罰法で扱われた事件です”交通二課が傷害致死事件の捜査主体”あの事件の捜査記録も、どうなのでしょうね?賠償論が前提、車で人に危害を加えても、人は死傷しない、でっち上げで公事件捜査捏造込み”の捜査、は?行われて居ないんでしょうか?」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703157
ユニークアクセス:4877493
今日
ページビュー:163
ユニークアクセス:163
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed