エントリー

傷害事件の初動段階から、被保険者の賠償債務支払い責任を負う損保、提携弁護士は

  • 2021/07/16 06:56

傷害事件が起きた、初動段階から、加害責任者が負う、傷害事件加害賠償金支払い責任を負う損保、共済、提携弁護士は「個人賠償が適用となる、人身交通事故寺家に害の傷害、傷害致死罪事件でも”合法賠償を潰す目論見で、事件の初動段階から”被害者相手も含めて、刑事事件、傷害事件を抹殺する、傷害事件加害責任者の責任を抹殺する、この目論見で、打って出ても来ています」

損保が合法賠償をせず、逃げられるようにが目論見でです、この目論見を成功させるべく「傷害事件が起きて、加害行為者が負う、人的加害責任が原因の賠償金支払いを”傷害事件自体を抹殺する違法捜査、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所、ここは刑事、民亊共事前に、傷害事件の立証をさせない手で事件捜査を終わらせて、刑事、民亊共無責で常時通して居る、こう仕組んで有る、損保が指揮しての、弁護士会、最高裁他裁判所、検察庁、法務省が共謀しての、事前権力犯罪に拠って居ます、赤本交通事故受傷診断、賠償論が唯一絶対、あれに沿って有る訳です」

この黒いからくりは「事件発生後二週間位までに、傷害事件は証明されて居ない、これを前提とさせた、刑事事件捜査、捜査終了、送致実施が、最大の武器で使われる前提とされています、刑事訴訟法手続きで”傷害事件は証明されて居ない”この手を、常時成功させて有るから”打撲一カ月”赤本治療、賠償期間でっち上げ規程も正しいと、詐欺で常時決定する為の期間です」

合法な、人的被害による損害の賠償は「不要と言うからくりを、闇で作り、常時成功させて有るのです、最終的には”民事事件裁判官、裁判所が、損保、提携弁護士の指揮下で”捏造が常の、刑事事件捜査記録、加害者実質無責決定を、絶対の武器で常時使ってです」

実に規模が大きい、権力集団犯罪ですが「手口がまあ、時代錯誤を超え過ぎた古さと来ています”損保の下僕の日弁連、弁護士、の下僕の、最高裁、東京地裁民事27部、裁判官、検察庁、検事、警察庁(無知無能過ぎて、自分達では何も分かった気にもなれない)が、この一連の犯罪の根拠”とさせて有るのは」

上記が共謀して、捏造して有る、赤本人身交通事故受傷毎の治療、賠償期間、これが絶対と、医師法も医学も無効化させて、常時決定して通して有る「医学的証拠?を常時正しいと決定、判決、が根拠です”これと、主治医、医療機関への捜査を故意にせず、傷害事件と立証を、常時していない詐欺捜査”を組み合わせて有る訳です」

自動車運転処罰法で、車による傷害事件の捜査、立件を行って、刑事裁判を行って居る事件記録も見るべきです、どれだけ出鱈目かが、正しい基礎知識を持って居れば、良く分かる筈です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703188
ユニークアクセス:4877524
今日
ページビュー:194
ユニークアクセス:194
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed