エントリー

損保が合法賠償を潰せるように、人身交通事故詐欺捜査常時の理由

  • 2021/07/17 09:28

池袋の、暴走多数死傷事件でも「あの事件、自動車運転処罰法で扱われています”事件の捜査記録の検証”先ずこれが必須ですけれど、私以外誰も、この件から問いませんね」

車で人の人体に危害を加えても、人は死傷しないと、虚偽の刑事事件捜査記録を、常時捏造して、送致して、刑事、民事共、傷害事件が有った証明は、医学的証拠として存在せず、よって刑は科さない、これを通す為が唯一と、闇で決めて有る詐欺事件捜査が武器です、被害者の主治医、治療先への、傷害事件を証明する為の、医学的証拠を揃える捜査を、故意にしない、これが武器での、加害者無責、傷害事件の証拠は無し、だから。

昨年8月11日に起きた、警察官がトラック後部に突っ込んだ傷害事件でも「この、医学的な傷害事件立証証拠抹殺、詐欺捜査が、闇で設定通り、行われて通され、加害者刑事、民事とも無責で逃がされている通りです」

で「受傷被害者は”人身受傷を捏造して、賠償金詐欺を狙っている犯罪者だ!”と、この犯罪傷害事件抹殺捜査証拠で、常時詐欺罪に落とせる仕組み迄組んで有るんです」

損保、提携弁護士、民事事件裁判官、裁判所も「車で人体に危害を加えても、人は死傷する事は無いように、事件の捜査詐欺だけを、常時通させて居ますから、この詐欺事件捜査証拠と、加害者無責決定を使い、被害者は賠償詐欺、車で人体に危害を加えられても、人が死傷した、訴訟も含めてた公式実例、証拠は、故意に作らないから存在は、ほぼしていない、これが常時成功させられて居る、ここまでの警察、司法、法務省他共謀犯罪を武器とさせて」

本当の問題は「この現実なのです”車で人を死傷させても、人は死傷しないと、捏造事件捜査だけを重ね、送致して逃げられて居ます”損保が合法賠償を逃れられるように、傷害、傷害知識事件の証拠隠滅、抹殺、犯罪者責任は無い、で損保は不払いを常時成功させて有る訳です」

実際の刑事事件捜査刑訴法公式手続きなる代物は、こう言う犯罪で仕組まれています、誰も表で言わないが、私が事実証拠も持ち、公開して居る事です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703339
ユニークアクセス:4877675
今日
ページビュー:345
ユニークアクセス:345
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed