エントリー

詐欺訴訟も恒常化させて有る

  • 2021/07/20 07:18

損保、共済、提携弁護士、民事、刑事事件担当裁判官、最高裁以下裁判所、法務省が共謀して「示談代行、弁護士特約、損保、共済が、提携弁護士を”被保険者が弁護士を委任した”事に、被保険者、傷害事件加害責任者の、弁護士委任者の意思は却下を前提とさせて、ダミーで被保険者が、弁護士を委任して」

刑事、民事共、傷害事件加害者責任は無い!と訴える、民事では「債務は存在しない、債務不存在の根拠、証拠は”傷害事件を捜査して、作った、刑事事件記録が一番の証拠だ”何処にも車で人に危害を加えた事で、被害者が怪我を負い、長期治療も重ねて居る等、医学的証拠が無いだろう」

こう言うからくりが、事前に、傷害事件が発生したら、常時この詐欺捜査で終わらせる大前提で、司法、警察、法務省ぐるみで仕組んで有るから「事前の詐欺事件捜査結果が、事件後20日位で送致されて、刑事、民事共、刑事事件捜査上無責と決定、詐欺刑事事件扱い常時、のからくりと、損保、共済、提携弁護士、民亊担当裁判官、裁判所、法務省、この一連の権力犯罪の頭連中は、熟知して居ますから」

同じ事を、個人賠償特約、一般的な傷害他事件でも「損保、提携弁護士が暗躍する、個人賠償特約、示談代行、弁護士特約共々適用の、傷害事件でも”違法な刑事事件捜査で、傷害事件との証明を、故意に行わない詐欺捜査で捜査を終えて、傷害事件は証拠無し、と偽った送致”まで、警察、検事、検察庁が、先ず仕組んで成功させてくれる、と見越して来たんでしょう」

恐らくですが「被害者がこう言った警察、司法、法務省犯罪の闇のからくりを知って居て”個人賠償特約が適用らしい(傷害事件被害者には、法律上無関係、加害責任者と損保間の契約問題)傷害事件でも、刑事、検事は、故意に主治医、治療先医療機関に対しての、傷害事件である医学的証拠を揃えず”事件捜査記録、証拠上、傷害事件は証明無し、よって刑事、民事とも加害者責任は無い!」

この出鱈目事件捜査を、確信犯で成功させられる事も知って居なければ「傷害事件が起きた事を、被害者の主治医、治療先への捜査実施で、正しく医学的証拠で揃えさせなければ、損保、提携弁護士、裁判官、裁判所の賠償踏み倒し詐欺犯罪に載せられてしまう、と言う事ですよね?」

辯護士を委任する当事者には「委任の意思無関係、委任者の意思は強制却下、弁護士委任状は、委任者記載欄偽造で良い、委任者の意思は強制却下だから、白紙の弁護士委任状に、記載強要、後は、ダミーの委任者は除外、訴訟詐欺処では有りません」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703201
ユニークアクセス:4877537
今日
ページビュー:207
ユニークアクセス:207
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed