エントリー

弁護士特約の、実際の扱いの違法問題

  • 2021/07/21 17:25

損保の任意自動車保険の特約、弁護士特約は、強い法破りが大前提とされています「被保険者、加害責任者は(人身交通事故も含めて、弁護士特約が適用される被保険者は、加害責任が、割合上有る事が前提)該当損保が飼って居る、提携弁護士を委任させられるが、被保険の意思は、強制的に無効とする、これが第一番の条件と、制度でされています」

辯護士特約が適用される条件、被保険者に、加害責任が、割合上有る事、これが必須条件で有り「加害責任が100パーセント、の被保険者は、弁護士特約が適用されますが、加害責任が0パーセントの被害者は、弁護士特約は適用されません」

で、加害者過失100パーセントの傷害事件で、被保険者、加害責任者に、弁護士特約で損保の提携弁護士を就ける大前提が「被害者は、過失0パーセントと承知で”加害者には、刑事、民事責任は無い、よって、賠償は不払いとする”と言う、賠償詐欺の訴えが常とされています」

まあ、恐喝の類いです、当然ですが「民事事件を扱う裁判官、裁判所も、この言い掛で提起訴訟に付いて、直接、積極的共謀犯です」

この条件で、損保と提携弁護士は、加害者責任100パーセント、の被保険者をダミーで、弁護士委任者と言う、やらせで使うが、実際は損保、提携弁護士が共謀して「根拠は、実は無い”債務は不存在だ、根拠は実は無い!”言い掛かり訴訟を提起すると、共謀犯裁判官、裁判所も、闇で呼応して」

赤本犯罪診断、犯罪賠償に沿わせて、でっち上げた怪我の程度、治療期間等を捏造して、決定を下す事が常、こう仕組まれています。

こう言った、損保、提携弁護士、裁判官、裁判所ぐるみの犯罪が、損保の指揮で、常時繰り広げられて居て、成功させられて居ます、弁護士特約なる代物も、これ等の方の外側シリーズ、が有るから、それ用と言う事で。

指揮するのは損保、共犯弁護士は、損保の傀儡で、愚かしい神様ごっこを、最上位の神気取りは、赤本犯罪診断、賠償もこれしか認めない、程度がこの程度ですから、弁護士特約、ダミーの弁護士委任が絶対条件の特約、弁護士法違反、代理行為詐欺、訴訟詐欺だぞ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591119
ユニークアクセス:4767046
今日
ページビュー:2041
ユニークアクセス:2021
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed