エントリー

嘘の反省と、虚偽の賠償の意思表明、弁護士特約を適用で公式立証

  • 2021/07/22 13:59

他者に対して、傷害加害行為を加えて、傷害事件で刑事捜査、被疑者として取り調べを受けて、刑事事件の捜査では「傷害加害行為を認めて、反省の意思を示して、被害者への賠償も、法に沿い行うと、意思を表して、刑を軽くして貰う、として置きながら」

民事の損害賠償で、合法に賠償支払いをせず、傷害加害行為と、傷害加害による、賠償金支払い責任を、共に「根拠も無しで存在しないと言い張り、刑事、民事とも無責だと、打って出ている、傷害事件の加害者が、弁護士特約を適用するとなった場合、損保、提携弁護士、民事、刑事担当裁判官、裁判所が共謀して、この二枚舌刑事、民事事件への対応を、日常的に実行して居る」

通常であれば、この二枚舌行為が行えて居るのは、人身交通事故事件で、傷害加害責任者が被保険者で、弁護士特約が適用されて、損保が費用を拠出して、刑事、民事弁護人を「被保険者の意思は一切通させない条件で、被保険者はダミーの弁護士委任者と言う設定で、実際には、賠償支払い責任を負う、損保が指揮を執る、弁護士法違反、詐欺刑事事件対応と、民事賠償違法踏み倒しの組み合わせです」

この犯罪を、公に嫌だと意思表明も行って有る、加害責任100パーセントも、被害者との間で、中間示談も交わして認めて居て、中間賠償金支払いも果たして居るし、刑事調べでも、加害責任を認めて、賠償の意思を示して居て、中間賠償金支払い証拠も、事件の捜査で出して有るのですが。

損保と提携弁護士が「弁護士特約を動かした、刑事、民事共責任は無いと、根拠無しで主張して、公式に争う事を強要して居る、被保険者は、上記の状況と承知の上で」

刑事事件の捜査は、まだまだ終わって居ない訳で「この段階で”傷害事件に付いて、刑事、民事責任は存在しない、弁護士の自分が、代理で戦う、と打って出たのでは、虚偽の刑事事件証言ですから”被疑者の調書も作り直す事にもなってしまうでしょう、反省はしていない、傷害事件の責任は無い、無実だと戦う、この調書に作り替えでしょう」

正式な刑事裁判で、無罪主張で戦うと、被疑者の意思では無く、損保、提携弁護士によって持って行かれるんです「刑事事件の詐欺捜査恒常実施、事件後20日位で、出鱈目な、傷害事件は証拠無しで送致、詐欺事件扱いが通らない事で、罪を認めず、無罪で戦うと、刑事事件で先ず、公式意思表明からとなってしまうのです」

これが弁護士特約なる、弁護士法違反、訴訟詐欺用の実際です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591160
ユニークアクセス:4767083
今日
ページビュー:2082
ユニークアクセス:2058
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed