エントリー

訴訟詐欺も日常、他者の預金、遺産預金泥棒司法犯罪と同様

  • 2021/07/29 08:21

訴訟詐欺も、日本の法曹権力、法務省、警察などが直接法を犯して共謀行為に走っており、日常の権力犯罪で凶行され、法に背いて正しいと、でっち上げた判決、証拠隠滅と偽造で合法化達成、常なる司法、法務省、警察等ぐるみの権力犯罪事実です。

人身交通事故故受傷を、医学的証拠を故意に揃えない、詐欺事件捜査を闇で仕組んで有り、常時この詐欺捜査で終結、送致、この詐欺捜査記録が絶対の武器で、人身加害、被害は証明されておらず、不存在を、公にでっち上げで作り上げて有るから、対人賠償、補償は詐欺故不要、で常時判決、決定、極悪非道な司法、法務省、警察他犯罪です、違法捜査、犯罪抹殺目的、犯罪証拠隠滅と、犯罪合法捏造証拠作り、これで犯罪こそ正しい、との判決だけ、常時下して通せている。

他者の預金泥棒、遺産となった預金泥棒、司法、警察、法務省、金融機関、監督官庁犯罪も同じく「他者の、遺産となった預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入っている預金を、預金者と偽れて盗めて、窃盗出来た預金は、泥棒が所有権を得たと、金融機関、監督官庁、警察、法曹権力、警察ぐるみで捏造、証拠隠滅、脱税公認で判決、決定を重ねて来て居る」

遺産預金泥棒に至っては「遺産、遺産預金を盗めた都度”調停、裁判等が行われている途中の泥棒でも、遺産目録から、盗みに成功した遺産を、次々、裁判官も共謀犯で、遺産目録偽造で抹殺して、証拠偽造でこの泥棒を消して、成功させて、合法な泥棒で通して有ります”」

犯罪者が法曹資格者、司法機関職員、法務省職員、警察官等、金融機関職員、監督機関職員と言う現実なのです、国税職員も、直接共謀犯です。

人身交通事故事件では、被疑者の傷害加害行為は、刑事事件捜査で、故意に傷害事件である、医学的証拠隠滅、抹殺を常時果たして有るので「刑事、民事共、加害者は冤罪、責任は無くさせて有りますから」

完全な言い掛かりで、被害者を相手取り、被疑者をダミーの弁護士委任者に、権限ゼロ、が条件で仕立てて、仕切るのは債務支払い責任損保、弁護士法他と承知で違法受任辯護士、詐欺訴訟と承知で受理常時裁判官、裁判所の構図で、賠償恐喝、詐欺で踏み倒しが正しいと、あらかじめ判決も組んで有る、訴訟詐欺を、やらせで展開、事前に仕組んで有る判決通り、赤本診断、賠償を軸とさせて判決、訴訟詐欺が成功させられる闇のからくりも、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒司法他判事と、同様の権力犯罪が武器で成功、と言うからくりです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703173
ユニークアクセス:4877509
今日
ページビュー:179
ユニークアクセス:179
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed