エントリー

訴訟詐欺と事前に、違法な弁護士委任状に追加記載で

  • 2021/07/29 09:19

少なくとも今は「損保、共済、提携弁護士、裁判官、裁判所が共謀犯で”虚偽の弁護士委任者の住所、氏名、押印で訴訟代理実施や、委任者の意思を却下、で弁護士委任、これで詐欺代理行為実施”は、元々法律で禁じられて居る、犯罪行為ですが、おおっぴらにこの犯罪代理行為が、法の破壊で公認されて来て居るのが現実で、通せて来た事は、表向き禁止の筈ですが、恒常実行されていますね、未だに」

法律家は「委任者の意思を受けて、合法の範囲で”委任者が求める事案を、受任出来る範囲で受任して”法律行為の代理人活動が出来るので有り、弁護士の委任状、委任、受任が、委任者をダミーとさせた、委任者の法による意思を、全部事前に却下する条件で、白紙で弁護士を委任させて、実際には、損保、提携弁護士、詐欺訴訟と承知で常時受理、訴訟詐欺に狂奔裁判官、裁判所、この一連の司法他犯罪が、日常的に、詐欺犯罪と承知で凶行され、成立させられて居ます」

極悪非道を超えた、司法他が手を汚し捲って居る、訴訟詐欺犯罪事実です、事前に損保が指揮を執る、ダミーの弁護士委任、被保険者にこれを行わせて居る、違法弁護士白紙委任の委任状に「自分はダミーの弁護士委任者、受任辯護士が行う、法律代理行為全ては、委任者となって居る者の意思に拠って居ない、これを違法委任状に、追加で記載して、弁護士に送って、法務省、司法、警察等に通知して置く、これから取る予定の手続きですが、さて、損保、金融庁、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省は、どう対応を取りますやら」

法律規定上「法の範囲で”弁護士を委任する者は、委任した弁護士に、代理行為の方針、行為を支持する権限を持って居ます”法律行為のみの代理行為者、ですから当然ですが、実際には、委任者の法に沿った委任行為の意思は、全部却下を受け入れる事が絶対条件、実際の詐欺訴訟は、損保と提携弁護士、詐欺訴訟と承知で受理、訴訟遂行裁判官が、確信犯で訴訟詐欺を凶行して、犯罪で成功させる以外認めない、が実際と言う、公式実例が作られて、事前予告もして置いて」

定番となって居る、違法な、ダミーが条件での弁護士委任者が条件としてある、訴訟詐欺の提起と、詐欺と承知で受理、詐欺訴訟遂行、犯罪が正しいと、常に法を犯して判決の、事前通告、弁護士委任状にこれ等も記載して、弁護士を白紙委任、どんどん被保険者、賠償債務責任者達も行うべきです。

傷害事件責任も、この一連の犯罪証拠で、免責と出来るしね、傷害事件は証明されて居ない、よって起きて居ない、と捏造を成功させるんです、刑事上も冤罪で通せます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703208
ユニークアクセス:4877544
今日
ページビュー:214
ユニークアクセス:214
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed