エントリー

損保、提携弁護士、裁判官、裁判所犯罪、訴訟詐欺恒常化

  • 2021/07/31 15:15

人身交通事故事件、日常生活、個人賠償適用傷害事件で「加害者責任10割なら”損保が提携弁護士、裁判官、裁判所、法務省、金融庁らと闇で犯罪共謀しており、被保険者、加害責任者に、弁護士の委任を、委任はダミー、弁護士は損保の指揮だけで、賠償を、言い掛かりで踏み倒す目的で、ダミーの、被保険者、加害者の委任による受任で動く”」

これを常なる、国家権力が損保の走狗となっており、日常的に手を汚して居る、損保が指揮する、国家権力犯罪、とされて居ます。

加害者過失10割ですから、法律で言うと、損害賠償責任は無い、との言い掛かりで、被害者相手に詐欺訴訟の提起は出来ませんし「この犯罪に、被保険者、傷害事件加害者に、委任弁護士に、自分の意思で訴訟行為、活動する権限を与えたんでは、損保、提携弁護士、訴訟詐欺実施裁判官、裁判所による、犯罪を重ねて賠償踏み倒し、が常時成功する保証は有りませんし」

こんな言い掛での、被害者潰し訴訟詐欺を、被保険者、傷害事件加害者が、唯々諾々と、損保、提携弁護士、訴訟詐欺裁判官の言いなりで凶行する、とは限りませんからね、まともな人間であれば、この権力犯罪の、闇で仕組んで有る犯罪、からくりを知れば、逃げますって、自分の身が危ないし。

何しろ「この一連の権力犯罪の武器は”傷害事件が合った医学的証拠を、違法な刑事事件捜査で、抹殺して、傷害事件は起きて居ないと、虚偽の傷害事件潰し捜査、が武器での犯罪で”」

この犯罪捜査を武器とさせての、被害者への賠償踏み倒し犯罪、詐欺訴訟に関する行為者責任は、被保険者、傷害事件加害者が、全部負わされる条件ですしね、何しろ「この一連の犯罪、被害者側に、この犯罪行為の知識が有れば、傷害事件抹殺詐欺捜査を潰せます」

傷害事件が起きてから、傷害事件が起きた証拠を抹殺、詐欺捜査を速攻で終えさせて送致、ここまで20日位、これが成功する前提で、被保険者、傷害事件加害責任10割の被疑者が、被害者相手に、傷害事件加害責任は無い、賠償債務は不存在だ、と訴えるんです、傷害事件発生後1~3カ月位に。

でも、この犯罪前提で、刑事調書に「傷害事件加害責任と、賠償を果たしますと、初めから虚言で書いて有る事が、傷害事件責任は、刑事、民亊とも無い、確認詐欺訴訟提起の時に、詐欺送致が終えられて居なければ、詐欺調書記載も破綻します、嘘を被疑者調書に書かせた訳だから」

こうなると「刑事調書、被疑者調書は、改めて巻き直されて”傷害事件加害責任と、賠償に応じます、証言は嘘、傷害罪責任は否認、対人賠償は拒否、これが本音です”前の証言は嘘でした、こう、調書が作りなおされて、送致されて、反省なし、賠償する気無し、これで検事は、事件を扱う事となりますし」

この、一連の犯罪が記載された、刑事捜査記録一式写しも、被害者も取れて、色々使えます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5703300
ユニークアクセス:4877636
今日
ページビュー:306
ユニークアクセス:306
昨日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1445

Feed