エントリー

医療の現場、過去と現在

  • 2021/09/09 06:46

本当は二カ月入院に、今回の、骨盤骨折発症により、更に1~2カ月入院が必要だった、一定の治癒まで年単位必要となった大怪我、実際は「損保、司法他、傷害被害に関しての、損保による賠償保険金、犯罪で踏み倒す目論見での、損保、提携弁護士が指揮しての、警察、司法、行政犯罪複数発生も出て来た事で、20日少しの入院で、退院した訳ですが、更なる受傷、骨折再発は、入院せず、で治して居ます」

この、生まれて初めての、第三者行為傷害受傷、昨年8月11日の、警察官意識を飛ばしてトラックに突っ込んで来られて、での怪我も、結構重傷を負わされた上に、この重症被害ですが。

近代医療と言う物が、どう言う物なのか、一部を垣間見る事となりました、先ず、スタッフの種類、職種が多くて、入院中に来る人達、何の職種か、見ても良く分からないと言う(;'∀')

看護婦さん、看護師か、さんかと思えば、別の職種のスタッフだった、がしょっちゅうでしたし、勤務体制も「12時間体制で入れ替わる、とかで、医療機関によるのでしょうけれど、加重勤務を、今の方々は、受け入れないんですね、加重勤務を強いられるなら、即刻辞めるとおっしゃっておられました」

一番困ったのは「私は、必要が無ければ、人の顔と名前を覚えられないと言う、日常生活を送る上で、結構大きな欠陥が有りまして(;^ω^)次々入れ替わる、可愛い(の人達他('◇')ゞ)スタッフさん達が、次に来ても、前が分からないと言う、、」

若い女性が多い医療機関で、余計どの方なのか、まるで判別が出来ませんで、、('_')反応するにも困りました、、。

又、スタッフ複数の職種の方々と、主治医とで、合同で日々の行動計画を、オープンスペースの勤務場所で確認して動くと言うのも、医療現場が大きく変わった事実で知りました。

後、各種検査機器の日進月歩振り、ほんの2~3年前には分からなかった事が、今の高度検査機器なら分かるとか、様々に”国際的に、急激に医療は進歩し続けて居ました”この現実を持て来て余計「司法犯罪診断絶対だのと言う、国家権力の悪用、出鱈目判決、決定が正しいと偽れるように、司法、監督官庁、警察ぐるみ、恐喝、強要を武器とさせて、主治医に先ず、官る手他偽造,行使から強制的にさせて、司法犯罪診断が正しいように、事実の捏造を常としてある、半世紀も変えて居ない、司法極悪犯罪振り、医師、医療機関、保険者の、共謀犯罪の危険さ、足が付く今の時代のシステム等、危険すぎる現実も、身を持って理解出来ました」

今の医療機関の、総合的システムを持った上で「司法犯罪診断が正しい、主治医に診療録から、司法犯罪に遭わせて偽造させて、合法偽りを成功させるには”どれだけ怪我が重くても、入院させてはならない”又、数日で強制退院させる、これが必須だろうと、実体験で理解しました、総合医療では、カルテを偽造しても、システムが複雑すぎて、偽造し切れないでしょうから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837948
ユニークアクセス:5010786
今日
ページビュー:610
ユニークアクセス:608
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed