エントリー

詐欺だの、何の根拠で

  • 2021/09/16 08:18

別の傷害事件を「損保が自賠責適用等、秘匿情報を持って居る事を悪用して、他の傷害事件が起きて、加害責任者が被保険者で、損保としては、合法に賠償保険金を払いたくないからと、損保事業だから、守秘する事を前提として、持って居る、自賠責適用情報の、別の事件で、被害者が同じだとなれば」

素因の競合だ、この被害者は、過去にも傷害事件で受傷を負って居るから「今回の第三者行為傷害電受傷事件では、被害者は怪我を負って居ない、過去の第三者行為傷害受傷が、強く残存して居るんだ、よって”今回の傷害事件で、被害者が怪我をったと言うのは嘘、賠償金詐欺を行って居る”これを、根拠無しで吐くと、詐欺が強制成立させられて居ますし」

又は「今回の傷害事件被害者の怪我は、前の傷害事件の被害で受けた怪我が、5割以上ある、前の傷害事件の加害者に、5割以上責任を負わせるべきだ、この言い掛りも通って居る訳で、残る5割の、今回の傷害事件の加害者責任、加害者が被保険者の、損保による、合法に賠償債務金支払い逃れの犯罪手法、損保、司法犯罪の手には」

自賠責情報を、損保は持って居る事を悪用して「別の傷害事件に、違う傷害事件を持ち出して”前の傷害事件で、被害者は賠償詐欺を働いた、刑事告訴して、詐欺罪に落とそう、この手も常態化させて有るのです”本当に詐欺、では無い”けれど、刑事訴訟法手続きも、告訴理由は出鱈目、適用させた罪状が、正しい適用で有る合法、合理的証拠も不要、損保と提携弁護士が、合法な賠償金支払いを、言い掛かりで潰す為、刑事、民事で訴えれば、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、検事、警察が、合法を潰して相乗りして、権力犯罪を武器とさせて、でっち上げを強制的に、適法と判決、決定して押し通すからくりが、国の闇で構築されています」

今、これら損保、司法、警察、行政共謀の犯罪が、実例、証拠を表に出されて、凶行され続けて居ます、犯罪の連鎖事実も、表に出されて行って居ます。

損保、提携弁護士が共謀して、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、行政機関、医師、保険者が共謀犯罪に、役割分担で犯罪に走り、損保、司法犯罪を成功させて居ます。

損保が、合法な事業実施、を条件で扱い、保管出来ている、自賠責他、損保が持てている情報を、こう言う悪事に使えています、犯罪者に、犯罪に悪用させる目論見で、国の事業の情報も大量に持たせており、悪用させ捲って居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745624
ユニークアクセス:4919501
今日
ページビュー:2849
ユニークアクセス:2805
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed