エントリー

起訴状一本主義、冤罪自由自在と言う事

  • 2021/09/16 08:58

苫x町農協の、身元信用保険金を、損保と共謀して詐取の必要条件、勤続5年以下の職員を、業務上横領犯任意仕立てなければならない、この必要条件を、先ず満たす為に「証拠隠滅から手を掛けて、冤罪で逮捕、投獄されないように、告訴を受けて呉れれば良い、後は、自主退職させて、身元信用保険金詐欺を、損保と共謀で成功させる、目論見での悪事だったけれど」

狂った新聞社と、愚かさしかない弁護士が共謀した事で「証拠は”身元信用保険金詐欺事件”と、正しく立証して居る事も、刑事、検事、裁判官共々、弁護士連中共々、無知無能さ故、見ても理解不可能と来ていたから」

辯護士の「これはxxxx職員による、業務上横領事件である、だのと”帳簿も何も、証拠で出して、帳簿記載で証明も無しで”自分の独善を書いた、意見書が、業務上横領事件が正しく有り、名指しした職員が、横領犯だと言う根拠だ、で逮捕、大々的報道となったと言う」

結局、一旦不起訴だったけれど「身元信用保険金詐欺に係る、多数の動かぬ証拠を揃えた、民事裁判判決で”無能な裁判官と弁護士故、横領があったと判決”これを武器とさせて、検察審査会が、不起訴不当決議、これで起訴されて”身元信用保険詐欺目的冤罪を、合法無しで成立させました”だって」

民事事件の証拠、証人尋問記録等で『正しく、身元信用保険金詐欺も合わせて、公式立証されて居るんですけれど”冤罪に落とされた人も、委任した弁護士連中も、検事も、民事,刑事担当裁判官連中も、あれだけ分かり易い、身元信用保険金詐欺の、動かぬ証拠も理解不可能と来ているわ”愚かしい事ですが」

強引に、冤罪の証拠とさせた、証人の証言も「不都合な証拠が残って居たから、証拠隠滅に手を染めた、と証言している人間の、横領したのはあの人と言う、出鱈目証言ですから」

起訴状一本主義とやらにより「冤罪でっち上げれば、犯罪事実証拠不要で、冤罪に落とし放題出来ている、これが実態です、主義って、全く法律根拠でゃないです」

この事実、実例証拠の通り「民事も刑事も、司法が仕切る、詐欺手続きです、呆れ果てるばかりの現実で、危険極まりない現実です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5838005
ユニークアクセス:5010843
今日
ページビュー:667
ユニークアクセス:665
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed