エントリー

実例がある強み

  • 2021/09/19 10:45

損保、司法犯罪、赤本犯罪診断、訴因の競合犯罪診断等でしか「絶対に傷害事件患者と主治医に、第三者行為傷害受傷治療期間を認めない、医師法構成破壊を武器とさせての、テロ犯罪制度は」

刑事事件捜査段階で、故意に傷害事件だと、主治医から故意に、傷害事件が起きて、診察、治療を補起こしている等、必須の傷害事件証拠は立証無しで、詐欺送致させる手口が、最大の武器ですよ( ´艸`)刑事事件捜査で「故意に、傷害事件との医学的証拠無くさせて有る訳で、これなら全て無罪の筈だから、やらせで時々”言った、言わないだけで、傷害罪を認めて有るに過ぎません”傷害罪で有罪、合法根拠証拠も無しで、人権犯罪ですよね」

傷害事件だと言う罰条で、傷害事件だとの証拠無しや、虚偽の傷害事件受傷だ、詐欺行為だと、主治医の医学的根拠証拠無しで、刑事事件で扱わせる、扱って居るが「傷害事件が起きた、主治医からの医学的証拠等無しで、傷害罪罰条で刑事訴訟法公式手続き実施と、傷害事件で受傷して、治療したは虚偽だ、詐欺だのと、主治医からの医学的証拠も揃えず、刑事訴訟法手続き実施の状態化は、医師法違反を主張して、証拠を揃えて反撃すれば、正しく対抗出来ます」

今日書いた実例、根拠証拠の通りにです、現実の刑事訴訟法手続き事件での、検事と被害者申告道庁、所属役人、警察による、医師法違反行為で、傷害罪被疑者とした患者の、第三者行為傷害治療は嘘だ、虚偽の第三者行為傷害、治療だを、刑事事件で、公に主張、証言事実が、医師法違反ですから。

主治医が「患者の申告を受けて、職業訓練受講中に、階段を踏み外してけがを負ったとして、治療を施している、複数の医療機関の医師が、この法律による医療行為を、道庁が、公金横領?を隠す為に、刑事、検事と共謀して、虚偽の第三者行為傷害受傷だと、刑事訴訟法手続きの中で公式主張、証言、検事と道庁役人の犯罪行為、医師法違反での言い掛り、冤罪に落とす罠行為です」

この事件では「公金横領隠蔽の為に、傷害事件を、医師の証明も無しででっち上げて起訴したけれど、第三者後遺障害患者の、二医療機関の主治医から、虚偽の第三者行為傷害受傷の治療だ等、医学的証拠は、当然出て居ません、検事と道職員は、言い掛かりを付けただけです、刑事裁判の中でも」

刑事裁判が始まってからでも「医師法違反で事件化、訴追なら、被告人側は、公式に対抗出来ます、傷害事件で訴追自体、違法と言う事です、罰条の適用が、でっち上げ、虚偽ですから」

同様の法律事実で「民事の詐欺診断判決を、大手を振って武器とさせて、十和田労基に強要、恐喝を仕掛けた、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和、提携弁護士の所業、医師法違反を指摘したら、潰えた事件にしても、医師法破壊が常態化されている事実の証拠実例の一端です、あんな犯罪診断判決で、厚生労働省の公的補償事業を、直接恐喝、強要に走ってしまっている、暴力団がまともに見えます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837942
ユニークアクセス:5010780
今日
ページビュー:604
ユニークアクセス:602
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed