エントリー

正しい裏付け証拠、合法証明が必須、司法犯罪に無い物

  • 2021/10/11 08:44

素因の競合、加重診断?で、主治医の医療行為、第三者行為傷害による、受傷の治療、後遺症の残置診断、証明を、詐欺行為と否定して、通されて居る、この犯罪診断でっち上げの根拠が「被害者の、過去の傷病記録の犯罪入手、違法入手情報から、でっち上げ診断に使える情報、悪用の武器と出来る情報を得られれば、素因の競合だ、加重だ、過去に負った傷病の症状が強く残置しており、既往症の治療を行ったのを、今回の第三者行為傷害受傷と、医師は嘘を吐いて、医療費詐欺を働いた、被害者は、賠償金詐欺を働いたんだ!」

素因の競合、加重診断をでっち上げた、理由は上記、違法入手過去の傷病記録から「医学無視で”過去に負った個の傷病の症状が、今も強く残置しており、今回の第三者行為傷害事件受傷は虚偽、と、犯罪診断を付けた”主治医と患者は、医療費、賠償金詐欺犯だ!」

こう、完全な、多重犯罪行為に走ったら「犯罪が正しいと、法律根拠ゼロで、裁判官が最終的に、犯罪適法判決を、合法ゼロで下すからくりが仕組まれて居まして”この後が、十和田労基恐喝事件、犯罪診断が武器で,労基に損保提携弁護士が、恐喝に出向いて、犯罪診断勝訴判決通り、過去十数年遡り、主治医にカルテ他偽造させて、交通事故受傷証拠の抹殺、労災支給金詐欺で回収しろ!”この、定番で仕組んで有る、司法恐喝も起きた訳で」

この、闇で仕組んで有る、司法犯罪診断のみ適法、犯罪強制適法捏造判決を武器とさせての「主治医に、犯罪診断が正しいと偽れるように、カルテ他偽造を強要して従わせて居る、司法、行政、警察、報道カルト等テロ犯罪は、過去から現在、今後も、国中で凶行されて居る、極悪犯罪なのですしね。

当たり前ですが「素因の競合、加重等と言う”過去の傷病の、重い症状残存の治療が事実だと、違法入手傷病記録から、適当は情報を引っ張り出して、言い掛かりの武器で使った”犯罪診断と、犯罪診断が適法で主治医の、医師法を持った治療、診断が詐欺、捏造で医療費、賠償金詐欺だ判決に、合憲、合法は無いのです」

犯罪診断と、犯罪診断が適法、主治医の治療、診断は詐欺、捏造で、賠償金詐欺だ判決で、合法な治療、診断を、犯罪と出来ている現実は、合憲、合法破壊のテロ行為です。

憲法第11,29条遵守は強制、公務員の守秘責任破壊、主治医による、患者情報守秘責任潰し、5,000人以上の情報を扱い事業者に課せられて居る、情報守秘責任破壊等、憲法、法律規定の破壊で、犯罪診断が、合法治療、診断を、でっち上げ、詐欺と強制否定出来て、犯罪隠蔽工作で、主治医にカルテ偽造を強要して手を汚させて居る、テロ成功の武器がこれなのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225023
ユニークアクセス:5392915
今日
ページビュー:907
ユニークアクセス:891
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed