エントリー

医師法規定蹂躙、損保用司法犯罪の合否、当然、合憲根拠は無いが

  • 2021/10/17 09:06

第三者行為傷害受傷被害患者に対する、人身加害行為を原因とした、対人加害行為責任による、被害を金銭で補う、損害賠償債務金支払い責任を、完全な人権、財産権蹂躙テロで踏み倒して居る手が「医学上成立する訳も無い、素因の競合等と言う、完全な言い掛かり、恐喝の手です」

言い掛り、恐喝でしか無いから当然、合憲、合法は備わって居ません、理由は多岐に渡って居ます。

(1)素因の競合だのの言い掛り、恐喝に使って居る材料?は”労災適用事件被害、人身交通事故受傷被害に過去も遭遇して居て、たまたま、過去の第三者行為傷害受傷被害事実が、何らかの形で証明出来た場合”賠償踏み倒し用、恐喝の武器で悪用出来て来た。

(2)当然ですが”同じ第三者行為傷害受傷被害者全ての、過去の第三者行為傷害による、治療、後遺症認定情報が、全員分、過去の人生全てに付いて、法に背いてですが、次以降の第三者行為傷害事件で、揃えられて,恐喝の武器で使える事は有りません”そんな情報統一管理等、何処にも存在しませんので、偶然、たまたま情報が見つけ出せたら、医学も無視で、言い掛かりで悪用しているに過ぎません。

(3)労働者災害補償保険法、自賠法、保険業法だので”主治医の第三者行為傷害が原因とした、傷病に対する合法な治療を、犯罪診断、言い掛かりで、違法な治療、虚偽の第三者行為傷害治療捏造だ”がまかり通って居るが、完全な医師法違反を持った、恐喝行為、憲法第11,29条違反犯罪です。

素因の競合って?検索してみたんですが”要するに、ドイツ、フランスの判例?持病?に精神疾患が、元々有る事を、加害側が証明出来て”精神疾患の持病が、第三者行為傷害の被害受傷の原因の一端だ?と、加害側が証明出来た場合に、素因の競合を持った、賠償減額が認められる、かも知れない?だそうで。

生まれてから現在の、第三者行為傷害で受傷被害を被った今までに、以前第三者行為傷害で怪我を負い、治療を受けて居て、後遺症が下りた事実を、偶然、法に背いた情報漏洩、取得、悪用で、素因の競合だの、言い掛り診断を付ければ通る、とは全く、医師法規定上当然、なって居ません、ドイツ、フランスにしても、20世紀に、医学と合法賠償とは、に沿ってもおらず、でっち上げた代物と言う事でしょう。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949419
ユニークアクセス:5121008
今日
ページビュー:1312
ユニークアクセス:1298
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed