エントリー

現実の、医学破壊診断、証明、素因の競合

  • 2021/11/28 10:10

昨年8月11日に、トラック後部に、一方的に警察官が運転する車に突っ込まれて、重い怪我を負った傷害事件は”素因の競合犯罪診断で、平成20年10月21日に、居眠り運転で、一方的追突事故を起こして、怪我を負わせた後藤x氏が、実は減員者、傷害事件加害責任者だ”こう、自賠事業、任意自動車保険事業で、公式決定を下して居ますし。

今年3月29日の、第三者行為傷害事件では、加害者側損保、東海日常生活賠償特約で「加害責任は、昨年8月11日の、追突加害行為者警察官が、5割以上加害責任を負って居る、と、公式主張しており、不払いを通して居ます」

残る5割は、被害者に、何かの責任が有る、言い掛かり訴訟を提起して、裁判官が判決で認める筋書きだ、加害者、被保険者責任で、ダミーで弁護士委任しろ!この言い掛かりを成功させる為だ、と、公に被害者、加害者に言い募り、強要に

この事実、証拠が有る上で「今年の傷害事件、主治医に対して、捜査機関から「素因の競合により、昨年の追突傷害事件加害者には、傷害事件加害責任が、医学的に有るか否か、医学的な証明文書回答を出して欲しい、と、刑事訴訟法照会が出されて居る訳で」

現実に、司法他が日常的に、医学、医師法破壊ででっち上げて、公式に合法診断、だと、法に拠らず確定させて居る、素因の競合犯罪診断ですが「主治医へ、勤務先理事、派遣元日大付属から、数カ月経過した今も”日常的に、医学、医師法破壊で、刑事、民事手続き証拠でも使って居る、素因の競合診断回答に関した、公式回答が出て来ないと”」

じゃあ聞くが「医師法、医学に拠らない、素因の競合犯罪診断でっち上げ、常時合法医療、診断を否定して、素因の競合診断が正しい、と判決、決定、正しい医学的証拠で採用の現実、憲法、法律規定を持ち、正しい根拠証明しろ」

法を持ち、公式に答える事が出来ない、犯罪素因の競合診断も、それなのに、警察、司法、関係行政機関が、損保の命令で、この犯罪診断が正しい、合法な医療行為、診断が犯罪だ、これを日常的に、犯罪だが合法だ、判決、決定のみ押し通して居る訳です。

ここ迄暴いて有る、極悪権力犯罪も、公式合否が証明されるでしょう、犯罪者と主治医、監督すべき行政機関、判断が犯罪司法、警察も加わって。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949255
ユニークアクセス:5120850
今日
ページビュー:1148
ユニークアクセス:1140
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed