エントリー

複数の民事手続き、ほぼ理解以前が実際?

  • 2021/11/29 08:34

妻の両親の遺産相続問題、言われて気付いたんですが「自爆を狙った?言い掛かり文書送り付け、電話の原因”弁護士だ!に逃げて、勝手な狙い、法破り、犯罪行為が、これで正しい事で通る”と、自己責任逃避に走った訳だから」

で、最後の結果が、あれだった訳で「弁護士からして”あの、複数の裁判、審判の結果、事実証明の正しい理解等、あのxでは全く不可能なのと”」

最終的に「正の遺産で、上二人が盗んだ分以外に付いて”法の規定通り、各々相続と確定”だった訳で、付けた辯護士、見事負けたと言う、一円も勝てなかったと言う、法の規定通りだから、普通は当たり前ですが、合法外、が常の司法テロが横行の中で」

関係した裁判(一件は、憲法第32条から、障碍者基本法から何から蹂躙、を指弾されて、有耶無耶と言う、これで司法と言う惨状)の、法による事実証明、決まった事実の組み立ても何も、あの文書の内容です「金を払って就けた辯護士共々、まるで理解の他、と言う事でしょうね”特に、4男(一件は妻共々)が起こした訴訟は特に”経緯証明が重大で”それを、法の破壊で蹴った判決が、とても重大な武器となって居るけれど、あの連中では、理解も無理でしょうね」

合法な相続財産証明、これを果たす事を目的とした、正しい裁判でしたが「合法を証明、実現させて堪るか!却下だ!判決、青森警察本部決定も合わせて、と組み合わせられる訳です」

大半の国民も、法曹資格者、法務省、司法機関役人、報道カルトも「理解も無理なのですが”民事、刑事訴訟法手続きにしても、経緯証明、理論構成の合否と、決定、判決との整合性”が、実は最も重要なのです」

このすり合わせ、整合性を取られると拙いから、経緯資料、証拠を、5年位で破棄する訳です、で「判決が出たぞ、神の決定だ!絶対の答えだ!これに走って居る訳ですが”経緯証明、証拠と、憲法、法律の正しい適用も、経緯証明、証拠と決定、判決に対して”実施を行われれば、憲法、法律に重大に違反決定、判決には、正しい効力は生じませんし」

違う方向ですと「合憲、合法を、正しい理由無しで強制却下決定、判決により”都合の良い、合法行為は公式に飛ばして通る”絶対の武器と出来ます」

考えたんですが「相続放棄手続って”代が変わったら、他が相続、金員等だけ相続して、負債不動産は、故意に相続登記せず、の土地建物等”所在自治体から、強制代執行費用請求等、来ますよね、対策って、作られて居ませんよね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949392
ユニークアクセス:5120982
今日
ページビュー:1285
ユニークアクセス:1272
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed