エントリー

強圧を受けて来て居る、佐川良子さんの

  • 2021/11/30 11:47

やはり、夕べこっそり公開された、誕生日の会見録画の内、佐川良子氏の動画でも、私と同じように、言論統制を講じたい、との意思発表、強い規制策の構築発言、言論統制を、政治に係る事も禁じられて居る、憲法規定、4条で禁じられて居る、皇族の立場も理解出来ず、国際発信した、皇室の独裁者への道まっしぐら、の本音の発表が扱われています。

あの娘の、国民相手の「自分達が不都合な真実の公開、指弾への逆恨みによる、逆上しての、公式宣戦布告に倣った、対国民、対憲法、法律、この本音、本性を、父親も踏襲して、国際発表した訳です」

当然ですが「現行の日本国憲法の規定で”皇族、天皇は、政治に係る事禁止”として有るから、この男も、憲法破り宣言も発した、国際社会に対して、と言う事です」

憲法第1条、天皇の地位は、国民の総意による、この、天皇の地位を定めた憲法規定も、公式に蹂躙宣言を出しました、言論の自由の強制的規制策作りを、自分達の意に沿わない言論は、強く規制する制度の構築の意思表明したのです。

この一家、もう実際に、憲法違反を重ね続けて居ます、先代夫婦共々、971庁も共に、テロ行為国家権力、国家機関化して居るのです、公の実例、証拠に拠る通り。

これが本音、本性と言う事でしょう、独裁国家支配者達は、古代から同じ所を向いて暴走を重ねて「恐怖独裁支配者に君臨しようと暴走する、定番が再現されて居るのです、独裁国家支配権力に座れれば、自分達の悪行、憲法違反独裁者の行為に狂奔する、キューバ独立の英雄、カストロ氏は特別の例外ですよね。

先代、民間人の先代片割れも「自分を崇め奉れ!と、971庁職員に命じたと、ここの職員が発言も、と」

次女に続いて父親も、皇族が禁じられて居る事の一つ、政治への直接の、不当介入も実行した訳です、皇族による、政治hの直接介入実例も、こうして次々、実例が出来て、追認されて来て居ます、戦前の皇族が持って居た、国家元首、独裁者の権限を、いよいよ得るべく、公式に動き出して居ます。

自民党が作って居る、憲法改正案に、天皇は政治介入可、国民のみ、憲法遵守、と変える項目も有るとか、いよいよきな臭さが、国際的に顕されて行って居ます、皇族、天皇が、戦前、明治、大正、昭和20年、敗戦後暫くまでの、国家元首、独裁権力有った時への回帰へ、一気に走り出して居ます、あのxxいが、やはり先陣だった、あの記者会見内容も、両親、971庁共々擦り合わせた内容だった、勝手に発表したのでは無い、佐川氏への直接圧力行使、赤坂方面等からじかに、強圧も来続けている、の情報も、と考えてしかるべきと?

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225138
ユニークアクセス:5393030
今日
ページビュー:1022
ユニークアクセス:1006
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed