エントリー

最重要の刑法から、故意に不適用を武器とさせて

  • 2022/01/07 13:40

最重要の刑法、刑法第160条を、故意に不適用とさせる事で、医師法第17,20条も、実態として、蹂躙し放題状態を作り出して、公務所に提出する、これで人身交通事故傷害事件は特に「どれも、偽造診断書作成、行使で、7日~10日で治る怪我、軽微な怪我の傷害事件、と、刑事訴訟法手続き段階から、捏造が常に成功して居る訳です」

極悪非道を超えた、定番となって居る、警察、司法、法務省他、国家権力共謀犯罪です、極悪さがもう、尋常を超えてしまって居ます、が。

要約この、国際的医師法破壊犯罪も、合法化に舵を切る、公式の動きを出せたようです、札幌地検特別刑事部、北海道警察本部、ようやく「刑法第160条の、正しい適用による、刑事事件実施に動く、と約束してくれた訳だから、もう後戻りも無理でしょう」

なお「函館中央警察署にも”好和会クリニックの院長逮捕二回目、この事件での逮捕一回目、警察提出、死亡診断書に虚偽記載事件fで逮捕”と”親の遺産預金窃盗で逮捕”の裏、警察、司法、法務省他共謀、実行犯罪の現実を、共に先ず伝えて置きました」

この院長、日本初でしょうね「司法他、遺産、遺産預金泥棒、被相続人の父親の遺産預金窃盗で逮捕、と”本当は刑法第160条適用犯罪、死亡診断書を偽造して、警察に提出で逮捕”まして両方で逮捕と言う、快挙を果たした?国民ですので」

診断書等偽造、行使犯罪も、遺産、遺産預金泥棒犯罪も「裁判所に行けば、山のように同様の犯罪、犯罪証拠が有ります、犯罪そのものと言う理解も出来ない、呆れ果てた頭の国家権力故、こんな極悪非道な犯罪を、犯罪とも気付けなくて、適法な犯罪だ、と本気で考えて、この二通りの犯罪も、公にもやり放題を続けて来て居るんです」

後日、函館中央警察署と、この院長に「刑法第160条、故意に不適用権力犯罪、今後は正しく適用、これと、遺産預金泥棒のセット逮捕、大ごとに発展して行く、行かせます」

自賠責事業、労災事業、これが大元です、函館の事件、捜査させなければなりません、大元の公務所提出、診断書等偽造、恒常か、強制して行わせて有る犯罪公務、事業の強制捜査を。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561165
ユニークアクセス:5726855
今日
ページビュー:1545
ユニークアクセス:1533
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed