エントリー

又も逃げた、犯罪賠償国交省、損保、悪がのさばる国家日本、司法他犯罪だから

  • 2022/01/12 14:59

損保犯罪、犯罪診断書作成、発行から、事前に仕組まれて居て、交通事故で負わされた怪我は、思いっきり短い治療期間の怪我、こう、誰もが常に、この偽造短期遅漏診断書作成、発行の罠に落ちる闇犯罪、とされて居ます。

交通事故医療を巡る諸問題、損保担当者様の為に、医療調査・照会の留意点、東京地裁書店でも「上記他、犯罪賠償を成功させる為の罠、犯罪の罠が満載して有る、犯罪を仕組んで有る内容が満載のマニュアルの記載に沿わせて有る、警察用診断書偽造の通り、の罠から、交通事故受傷被害者は、闇で司法、警察、行政、医師が、損保のg僕故、賠償踏み倒しの武器で仕組まれて有る罠、に落とされて居るんです」

しかしまあ「交通事故で怪我を負わされた被害患者は、常に7日~10日で治癒する、こう、定番で偽造させる、主治医による罠、この罠が常に発動されるんです、対人賠償は、ほぼ踏み倒される訳ですよ」

初めからこう言う、短期で治療が終えられる怪我である、偽造の診断書のみ造られて、警察に渡されるからくりで、偽造で超短期治療期間、と捏造診断書で、刑事一課強行犯による、傷害事件用、被害者の診断書、実際の治療事実を、出来る限り踏襲した、実際の治療期間に出来るだけ沿わせた医証で、事件構成、証明、送致する、こっちの事件の扱いとは、見事に食い違って居ます。

犯罪で組まれて居る、刑事事件のからくりが常時成功させられて居る、真っ黒い人身交通事故事件、常時軽症の被害者と捏造事件処理の罠、この犯罪から始められて、合法な対人賠償は、常に強制踏み倒しされるし、きちんと負わされた怪我の治療も、受ける事を犯罪とでっち上げられ、潰されて居る、損保が指揮、警察、司法、行政、医師らが共謀のテロ犯罪、昨日の医療捜査でも、言い訳の余地なく、犯罪医証事実から証明出来ていますし。

他者の預金泥棒、遺産預金泥棒、司法、金融屋他犯罪もそうですが、平成15年位から、この損保、司法犯罪も、犯罪の限りを尽くせ放題、で、強引に成功させられ捲って居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561160
ユニークアクセス:5726850
今日
ページビュー:1540
ユニークアクセス:1528
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed