エントリー

無資格診断が、医師の診断を強制否定で通る日本

  • 2022/01/14 08:41

国土交通省の強制保険事業、自賠責事業診断と、国土交通省の強制保険事業、労災事業の診断で、主治医の医療行為、診断を、強制否定出来て、通されて居ます、この後は「主治医に犯罪診断が正しくなるように、診療録、診断書、一般傷病の治療ですよ、用のレセプト偽造、健康保険、生活保護費詐欺の為の偽造を命じて、主治医に犯罪をさせて、犯罪診断が常に正しい、と捏造を成功させて有ります」

極悪非道を超えた、国の強制保険事業犯罪です、主治医に犯罪医療行為、診断を強要して、従わせて、犯罪診断が常に正しいと、偽って通せてあるんです。

自賠責が適用の傷害事件、労災が適用の傷害事件共に「傷害事件受傷被害者が負った怪我が、何時療養が不要となるか、主治医に医証を偽造させて”軽い怪我だ”と偽り、加害責任者を不起訴、軽い罰金程度で、虚偽の刑事事件処理を、事件後出来るだけ早く終わらせて」

傷害事件被害者を、自賠事業、労災保険事業、損保事業が、弁護士、裁判官、裁判所等と共謀して「お前が負ったと言う怪我は、賠償金狙いの詐病だ、だの、軽微な怪我で、働けない等嘘、詐欺で訴えるぞ、嫌なら示談しろ、補償打ち切りに合意しろ!後の治療は、一般傷病と偽り、自費と健康保険で治療を継続しろ!」

こう、恐喝、強要、公金詐欺命令に走るのが常とされて居ます「この一連の犯罪は”事件後出来るだけ早く、傷害事件は虚偽、軽微と偽りの事件捜査、纏めに走り、送検、不起訴化、軽微な罰金刑で略式起訴で処理、主治医に医証を、こう偽造させて有る事が最大の武器で”」

このからくりが、常に稼働させられて、成功させて有るから「その後も治療が必要な、傷害事件被害者を”賠償金詐欺犯”と、このからくりで、常時でっち上げで、犯罪者として有るから、幾らでも短期の賠償、補償を飲ませられるし、一般傷病と偽らせて、治療継続も飲ませ放題出来ています」

今後は「この真っ黒い、国家権力犯罪のからくりに落とされないように、被害者は自己防衛策を講じて”自賠事業は国交大臣、労災事業は厚労大臣名の、医師法破壊診断書を作成、発行させて”傷害事件被害は虚偽、軽微な怪我、長期療養して居るのは、主治医と患者が、賠償金詐欺を働いている結果、と、刑事事件に医証を出させて、主治医と正面から戦う、刑事事件手続きが常となるでしょう」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949520
ユニークアクセス:5121107
今日
ページビュー:1413
ユニークアクセス:1397
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed