エントリー

当たり前をきちんと、主治医の医療行為、診断を、無資格の誰かが常に否定で通る現実

  • 2022/01/14 09:01

自賠責事業、労災事業、損保事業は、警察、司法、各監督官庁が、損保の下僕に堕ち切って、第三者受傷被害患者の主治医に、常に「自分達の言うがままに”被害患者の治療、診断等を、医師の国家資格等無効だから、言うがままの医療行為、診断としろ!”と命じられており」

医師は「唯々諾々と従う以外、厚労省、司法、警察から、現実として認められておらず、医師法、医師の国家資格に適った合法医療行為を行うと、犯罪者と偽りで決められて、潰されるんで、黙って言うがままに、医師法違反犯罪を実行して居ます」

じゃあ「主治医に犯罪医療行為を命じている、損保、自賠事業、労災事業、警察、司法が”公に、無資格診断書を、発行責任者名も記載して作成、発行して、主治医の医療行為、診断は詐欺、捏造だ、と打って出て居るのか?”と言うと、そんな事は全くせず、闇で主治医に、犯罪を命じて、従わせて居るだけです」

ですが今後は「主治医の医療行為、診断を、無資格で、違法診断等で主治医の医療行為、診断を否定に打って出て常時意思を犯罪者、と決めて通されて居る、上記権力ぐるみ犯罪に付いて”きちんと犯罪診断書を、作成、発行責任者名も記載の上”主治医の医療行為、診断を、公式否定する証拠、で出させて」

刑事訴訟法手続きから、正しい医証は、主治医作成医証か、無資格者が、身分と、医証作成事実を記載して、公務所に出した医証か、公式にどっちが合法医証なのか、司法手続きでも、白黒が付きます「まあ、現実として、損保、弁護士診断、裁判官診断が、主治医の合法な医療行為、診断を否定して、常時法の破壊で勝って居るのが実際で」

刑事、民事訴訟法手続き事件に、山のようにこれを証明した、実例証拠が揃って居るから、医師法、主治医の医療行為、診断は、無資格の損保、国交省、厚労省犯罪診断で、裁判官犯罪診断勝訴判決で、常に犯罪故却下、犯罪診断が正しい判決、のみ出されて居るから、犯罪国家日本、医師の医療行為は犯罪、も常時でっち上げで確定と言う国家だから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949577
ユニークアクセス:5121164
今日
ページビュー:1470
ユニークアクセス:1454
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed