エントリー

加害行為者が、被害を受けた側の対人、物損被害補填保険金を、被害補填せずで受け取れる、損害保険商品です

  • 2022/05/23 17:34

個人賠償保険、日常生活賠償特約損害保険って「実は”対人、物損加害行為者が、損害保険加入者の被保険者で有り、被害を受けた債権者は、被保険者不適格です”なので」

この、第三者相手に、対人、物損加害行為を、過失で加えて、被保険者の加入者側が、賠償債務を負った時に”加害側賠償債務を負った側のみに、被害者に負わせた、損害賠償債務に付いて、被害側の損害証明が有れば、加害側に、被害者に負わせた損害賠償債務金が支払われる、損害の補填名目で、補填不要で、加害側に損害保険金が支払われる、損害保険商品、特約商品”は、過失で他者に、対人被害、物損被害を与えてしまったら、被害の証拠証明を揃えられれば、加害側が、与えた損害の補填保険金を受け取れる、そう言う商品です。

つまり「過失により、他者に対人、物損被害を与えてしまえば”加害責任者の、この損害保険加入者側被保険者は、被害を与えた相手が受けた、生じさせられた損害の補填保険金を、被保険者、加害者側が受領出来て、賠償債務支払いせず、でも問題も無いと言う”問題は」

被害者が、正しく損害の補填を受けられ無くて、加害者が,被害者に負わせた損害の金銭部分の損害保険金を、加害者特権で受領出来て、加害行為者になったお陰で?不労所得を、無税で得て通ってしまう、犯罪を助長、誘発させる、公序良俗に完全に反した、損害保険商品なのです。

隣家の屋根の雪と氷塊が、屋根を滑り落ちて、隣家のカーポートの足をへし折り、自宅他も壊した事件も「日常生活事故賠償特約、が適用される、損保との、加害側の契約が有りますので”実は、加害行為者は、債務支払いせず、日常生活事故賠償保険金を、当社の見積書を使い、手に入れて、被害者に負わせた損害賠償債務金は、月1,000円ずつ返して行きます、この手で、現実として、逃げられたんです”」

この特約適用損保は、被害者とは何の契約関係も無し!よって「日常生活賠償特約が、適用される可能性の有無も含めて、被害者には、何も教える必要は無いと言う事、この損害保険補填金も、闇に溶かす資金、と言う現実が、、」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377872
ユニークアクセス:5544525
今日
ページビュー:3372
ユニークアクセス:3345
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed