エントリー

何処もここも、無責任すぎてまあ、責任を取りたく無けりゃ、逃げる方法を構築しろ

  • 2022/05/27 10:53

しかしまあ、公権力も含めて、無責任すぎて困る、自分に降る責任を逃れたいなら、責任逃れの方法を自分で構築しろよな「公権力を悪用させて、責任を取るべき相手を、冤罪等で陥れて逃げる、卑怯な手では無くて、どうせ卑怯な手を講じるなら、公権力不正悪用では無い手で逃げろ」

日常生活事故賠償、不払い前提と言う、とんでも損害保険特約商品(-_-;)詐欺で保険料収入獲得、支払う気無し前提?犯罪そのものでしょう。

この損害保険特約、損害を与えた被害者から、与えた過失行為による被害の証明を取れれば「自分、加害者が被保険者だから、被害者に対して負って居る、損害賠償債務補填支払いせず”被害者に与えた損害を、金銭換算した金額を上限とさせて”損害保険金支払いを、損保から、被害を加えただけ”の加害者が受領出来るのです」

つまり「過失による違法、犯罪行為者で、金銭換算被害を加えた事を、被害金額も含めて、被害者からも証拠取得出来れば”加害を加えた、只の加害者、債務者が、被害者に負わせた損害の賠償補填保険金を獲得出来て”被害者に支払う必要は定められて居ない、犯罪を助長、誘発させる、とんでも損害保険商品です」

しかもこの、犯罪の助長、誘発を招かせる損害保険商品「加害責任者が、賠償債務支払いを終えて居なくても、相続人が、被害者が証明した、被害金銭換算額証拠証明で、損保から被害の補償名目金が受領出来て、相続税対象にもならないと言う」

被害者に、過失で害を与えて,損害金を発生させれば、被害者から損害を受けた結果、負った損害金額の根拠と証拠を貰い、加害者が損害保険金を受領して終わらせられます、加害者死去後なら、相続税も免除の、得する損害保険商品、脱税他組み込み商品です。

この損害保険商品、犯罪を過失で行うと、加害者が不当に儲けられる代物で、完全に公共の利益破壊、犯罪商品です、不払い用、損害保険金詐欺冤罪常時成功!共々でです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561169
ユニークアクセス:5726859
今日
ページビュー:1549
ユニークアクセス:1537
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed