エントリー

損保不払い目論見で、医証偽造に、損害保険詐欺冤罪捏造まで

  • 2022/05/31 10:02

傷害致死傷罪適用事件、加害側の刑事、民事責任を軽減させる、抹殺する目論見と「東京地裁地下書店でも販売、交通事故医療を巡る諸問題なる、犯罪を成功させて有る、犯罪の手口を開設して有る書籍、の手は、現実に、国中で定番とされ、使われている、犯罪の手です」

被害者の主治医には、加害者責任軽減、抹殺目論見での”怪我の程度を、実際に負わせた怪我の程度無視で、軽微、7日~21日以内の治療で済む軽い怪我”と、医証を偽造させて、捜査機関等に発行させて有り、常時加害者の刑事、民事責任違法軽減、抹殺を成功させて有ります。

傷害事件の被害者の、受傷の程度等を、偽造で故意に、軽い怪我だと、偽造の証拠作りのみ、常にされて有る、今では公の事実です、証拠も複数持っている通り、傷害事件被害者は、この国家権力テロ、犯罪被害も、国中で受けさせられて居ますとさ、損保が合法に、対人賠償せず逃げられるように、が理由で。

この極悪犯罪の手に加えて、損保、提携弁護士が、合法な対人賠償せず、逃げられるようにと仕組まれて有る、権力犯罪、損保犯罪、被害者側不正行為で犯罪者と捏造の手が、損害保険金詐欺冤罪でっち上げの手です。

これ等の国家権力犯罪も「捜査が先ず、全く合法になされて居ない事が、一番に挙げられます、正しく事件原因に付いて、捜査、立証が果たされて居ないから、これ等の国家権力犯罪も、やり放題出来て、通されて居ます、合法を正しく果たす捜査の実施、これが一番に求められて居ます」

山本巡査が加害者の事件、複数の主治医診断と、自賠事業、損保事業、司法犯罪診断が入り混じって出されて「全く違う診断?を、都合によって正しい診断だ!と、合法証明だせずで決定、判決に狂奔して居ます、証拠の根本が主治医の医証、の筈が”主治医一人も、偽造診断書を捜査機関に発行”行為者ですから、根こそぎレベルの国家権力犯罪、テロ行為です」

目的は「対人加害者が負って居る、賠償債務言い掛かりで踏み倒す為、と言う現実が、損保、提携弁護士の指揮で、犯罪が多数公式にも行われて、犯罪で合法賠償潰しを成功させると?」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561141
ユニークアクセス:5726831
今日
ページビュー:1521
ユニークアクセス:1509
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed