エントリー

行為者責任、証拠、証明は?

  • 2022/06/07 08:40

第三者相手に、過失による、金銭換算、証明が、被害者に出来る被害を加えた場合、加入している損保、共済から、第三者に過失で与えてしまった、被害側で証明出来て、支払い請求された、損害賠償債務金が、補填支払いされる、第三者賠償、個人賠償、日常生活賠償等の商品ですが。

曖昧模糊とし過ぎた、現実に詳しく対応するように、商品設定がなされて居ないから「きちんとした、第三者相手に、過失で金銭換算出来る被害を加えた加害側が、正しく証明された、損害賠償債務の補填支払いする、筈、らしい?損害保険商品、が事実なので、請求する被保険者、設定上は加害側賠償債務者も、払う側の損保職員も、当然ですが、弁護士だの裁判官だのに至っては、この損害保険商品の、正しい仕組みから理解不可能なのが」

この現実が土台に有るから「兎に角不払いに走り、言い掛り、事実捏造等を謀り、踏み倒せば良い!が通る商品、なのです、まあ、それなりに組んで有る、対人賠償も同様だからね、払う払うと言うだけで、不払いし放題、詐欺冤罪捏造も、不払いを成功させる為の司法テロの武器、犯罪事業ですから」

兎に角何も分からない、分かろうとする必要な努力も、全くせず、法曹資格者の実態です、人身傷害特約にしても、ちゃんと理解したのは、私が最初で、損保の法務部の連中からして、人身傷害特約の正しい適用内容から、知らないと言う現実で。

損保が不払いして、正しい不払いと捏造で通せるように、被害者の怪我を軽微、怪我を負ったと証明出来ず、等診断書等を、捜査機関、自賠事業に発行させて、赤本犯罪賠償捏造基準が、永遠に正しいのだと、カルト信者と、で狂信から抜ける事無し、現実を正しく理解して、必要知識を習得して、正しく法を踏まえ、判断する、必須事項も全く理解から無理、が実際と来ています。

司法犯罪を、詳細に犯罪と立証して、一番分かり易い、元高裁裁判官、高検検事であった、大都市の公証役場公証人らに「公正証書作成の、法を踏まえた重要事項として、法による答えを問い質して見れば良いです、見事なまで、正しい、世の中を律して居る筈の、常識から備えて居ませんから、犯罪は禁じられて居る事自体、正しく理解も出来ないから、合憲、合法が先ず理解不可能なので当然」

犯罪を、司法独裁権力悪用により、常態化させている現実なのです、当然ですが、合憲、合法に背いている司法犯罪事実、証拠が、正しく通じる道理も無いのです、テロ国家権力ですから、医証偽造の状態化も、この司法テロ犯罪の一環ですし、他者の預金、遺産預金泥棒、証拠隠滅、偽造で正当化、の流れです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561095
ユニークアクセス:5726785
今日
ページビュー:1475
ユニークアクセス:1463
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed