エントリー

きちんと指摘しなければ、実践知識皆無の国家権力には、何も通じません、法曹資格者は通じる訳無し

  • 2022/06/08 07:23

自分が巨大な”国家が与えてくれた、絶対的権限、権力を手中にして居る”からと言って、その、国家が与えた独裁権限、権力を、正しく駆使、行使出来る、必要な知識、遂行実践方法、遵法に徹する意識がある、訳では有りません、自分がこれら、必須の要件を満たす、備えるにしても、実戦体験と、正しい必須知識の取得、誰かから伝授される、も含めた、実戦経験と、必須の知識、手法を手に入れられなければ、持てている国家独裁権限、権力は、法の破壊、権力犯罪を強引に正当化する、こっちに暴走します。

ですが「特に”数年で勤務先、扱う部署が変わり続けるなら”正しく必要な、実戦経験、実務知識は、備わる訳が無いのです、画餅と言うあれですよ」

しかも「司法、行政等、国家権力が権力犯罪の制度化に狂奔、の類いとなれば”合憲、合法破壊、国家権力テロ、犯罪にまっしぐら、になる事は、幾つも公開立証して来た通りです”犯罪を、合憲、合法破壊で、正しい等何も無しで、司法犯罪独裁国家権力が、適法犯罪だ!と決定、判決を下すのが、犯罪適法化の最終の武器です」

今日の文書の記載にも「これ等国家権力共謀犯罪、司法犯罪が最終兵器、実例、事実が記載されている通りです”虚偽の損害保険金詐欺の訴え、この手で損保、提携弁護士は、不払いを日常的に成功させられても居る”詐欺だと捜査機関に訴える、虚偽の詐欺届であろうと、これで捜査が行われるが」

詐欺捏造の訴えと、捜査機関は”後で判明しても、後戻りは出来ない”責任問題になるから、損保、提携弁護士からの、でっち上げた詐欺事件届け出を、裏付けも取らずに援用して、詐欺事件は嘘なのに、冤罪創出に暴走、重大責任問題ですし。

今日記載の、東海でっち上げ、損害保険詐欺、事実無根で訴え事件?誰が、どう言う法の根拠で、損害保険金詐欺当事者となるのか?まるで理解の他で、東海伴担当等は、詐欺事件と虚偽の訴えを、東署刑事一課に?二課では無くて?で、嫌疑を掛けられる対象者は死去、詐欺だと告訴、告発、被害届け出制式提出無し、が証明されている、只不払いを成功させたいが為の、損害保険金詐欺冤罪捏造、ですが。

公開して有る通り「出鱈目に損害保険金詐欺事件、と、口頭で訴えれば?不払いが成功もしている、現実です、損保が言う、保険金詐欺事件は出鱈目の極み、損保事業、労災、自賠責事業こそ、犯罪を武器とさせて、合法な対人賠償、補償踏み倒し、一般傷病と虚偽申告、医師も捏造して、健康保険医療費詐欺も、公に制度化されて、通って居る現実です、カルテから偽造で成功させて有る、国家権力犯罪ですから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561200
ユニークアクセス:5726890
今日
ページビュー:1580
ユニークアクセス:1568
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed