エントリー

損害賠償金の相続

  • 2022/06/11 08:27

損害賠償債権、債務は「法律で決められて居る事項では無いので、昭和29年4月8日の判例で、単純相続される、となっていました、そうでしたか、損害賠償債権、債務の相続、どう言う扱いなのか、疑問だったので、良く分かりました」

但し「じゃあ”相続放棄の期間、被相続人死去を知った日から3カ月以内に、相続放棄手続きを取り、認められれば、相続放棄が出来る、民法第915条の規定の期間を経過後まで、被相続人となった、損害賠償債務者の遺産を相続の有無が決まるまで、損害賠償債権者は、相続人と決まった相手に対して、損害賠償金支払い請求出来ないのか?と言うと、状況次第です”」

妻の兄妹、上二人のように「公然と、遺産金、遺産預金泥棒に走って、認めて、証拠も自らでも出せば、公式な、包括遺産全ての相続確定します、相続の内容は別として」

と言う事で「今年になって完全に”相続権者であろうとも、被相続人による、遺産預金引き出し偽装横領や、被相続人が、物理的に自己認識出来ず、動く事も出来ない状態に陥った後、被相続人を騙り、預金泥棒に手を染めて、ばれて犯罪を証明出来れば”先ずは、相続放棄の権利を失いますし」

窃盗、詐欺、横領の罪を科させられます、函館の医師が、実父の死後、死亡診断書江尾後の死亡と偽造して、公務所に発行した犯罪を使い、実父の遺産預金を、相続人のこの医師が、遺産預金300万円を、北洋銀行から詐取、窃盗して再逮捕事件、が出来て居ますから。

普通に多くの親族、相続人らが「被相続人の遺産となった預金を盗む、死ぬ前の、自分で預金引き出し不可能の状態に陥った後、預金を盗んだ、としていますが”今はもう、遺産預金先金融機関、条件を整えて請求されれば、被相続人の過去10年分の、預金履歴も出すし、被相続人を騙り、預金窃盗画面のビデオ、手続き書類の写しも出すから」

被相続人に対して、損害賠償債権を有して居れば、上記等になろうとも、相続を受けた者に対して、被相続人が負って居る、損害賠償債務金を、債権者の権利で請求、回収出来ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561320
ユニークアクセス:5727009
今日
ページビュー:119
ユニークアクセス:118
昨日
ページビュー:1581
ユニークアクセス:1569

Feed