エントリー

犯罪に走れと強要

  • 2022/06/15 07:27

傷害致死傷犯罪加害者擁護、実際には「加害者が負った、対人賠償金補填支払いを、犯罪を武器とさせて潰そうと言う、法曹資格者、司法、自賠責、労災事業、損保、共済事業の統一の犯罪目論見による、先ずは被害者の主治医、医療機関に、傷害事実ヲ常に、軽微な怪我だ、傷害事件で死傷したとは、見てもおらず言えない等、捜査機関用診断書から、偽造作成、発行させて有る、強権発動により、常時この医証偽造犯罪を強要して居て、従わせて有る」

これが真実です「傷害致死傷罪事件を証明する、被害者主治医の医療行為、診断を、軽微な怪我、傷害事件で負った怪我かどうかわからない、被害者が言っている怪我が事実とは、医学根拠も無いが、言えない、こう、医師法、医学、憲法第11条から故意に蹂躙させて、捜査機関に出す診断書から、加害者責任軽減、抹殺の武器で捏造、でっち上げ記載して発行して居ます」

この犯罪が成功する理由にも「警察の一部署のみで、傷害致死傷事件の”捜査紛い”を行う仕組みが有るから成功して居ます、つまり」

@人身交通事故傷害事件は、本来捜査件も無い、交通二課が、雛形で捜査ごっこ、労災事件は、そもそも刑事一課、捜査自体ほぼしない、他の過失傷害致死傷事件も、刑事一課強行犯だけで、捏造医証で捜査ごっこするだけ”医証の合否証明”この最重要事項と、正しい事件の事実、証明も、実は正しく捜査して、事実立証する事をして居ませんから、傷害致死傷罪適用過失事件、加害者責任軽減、抹殺目論見、医証偽造から常時行われ、医師法から破壊させて通せて居る訳です。

正しい事件の捜査を実現には「殆どの刑事訴訟法手続き事件で”複数の捜査課による、必須の事実証明事項の捜査が必要です”傷害致死傷罪が適用の事件が起きると、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺目論見で、被害者の主治医に医証を偽造させて、捜査機関に発行から、犯罪行為には知らせて行わせて有る、刑事一課強行犯、交通二課だけで捜査実施、事件立証、送致は、根本から故意に間違わせて有るのです」

医証偽造、行使の狙いは「加害者の刑事、民事責任犯罪賞を武器で軽減、抹殺狙い、公にして有る真実です、生活安全課、刑事二課(証拠偽造で損害賠償不払い詐欺)が、交通二課、刑事一課強行犯と合同捜査が必須です」

こう言うからくりが、闇で仕組まれて居るのですよね、司法犯罪制度等「根本から極悪犯罪の積み重ねで、正当と強引に、表向き偽って通して来たが、もうこの司法指揮、国家資格者、国家機関、損保、報道カルト共謀犯罪は、公開犯罪となって居ますからね」

加害者となったら今後特に、当人が指揮して「主治医に医証偽造からさせるように、損保、提携弁護士に命じれば良いんです、弁護士からくる、白紙委任状にも加えて。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561180
ユニークアクセス:5726870
今日
ページビュー:1560
ユニークアクセス:1548
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed