エントリー

これで司法、警察

  • 2022/06/19 10:27

傷害致死傷事件と証明出来た、医学的に正しいと証明された医証とは?法曹資格者、司法の答えは。

赤本ででっち上げた、傷害事件で負わされた受傷の治療、賠償でっち上げ期間が正しいと、虚偽診断を下せば、正しい傷害事件の証拠医証である、狂った現実ですが、これが法曹資格者、司法機関の常の犯罪実態です。

赤本等と言う、犯罪診断での治療を認める期間と、犯罪で賠償を踏み倒すまでの期間をでっち上げた、日弁連、東京地裁民事27部裁判官共謀、司法犯罪マニュアルの記載が、絶対の診断、賠償期間だと、常時通せるように「主治医に医証の偽造を、闇で強制命令して有り、医師が従い、偽造作成、発行のみ行って居る、これが現実です」

この犯罪に加えて、自賠責保険、国の強制賠償保険事業でも「赤本犯罪診断、犯罪賠償が正しいと、日常的に医師法第17条違反、犯罪者でっち上げ診断を出して、主治医の合法な医療行為、診断叩き潰しを、司法、損保と共謀で成功させて居ます」

これ等の犯罪を成功させる為の武器が「刑法第160条、医師法第17条違反行為を組み込んでも有り、これ等の刑事罰則強制不適用闇制度も作って通して有る、司法、警察犯罪も仕組まれて居ます」

司法でっち上げ、犯罪の制度化達成はどれも「犯罪ですけれど、犯罪行為責任を、法に反して問わず犯罪を認めて逃がして有る、この司法犯罪も、大きな武器とさせて有るのです」

司法、警察が、法務省、厚労省らとも共謀して「医証偽造と言う、国際テロ犯罪も、常に凶行させて通して居る、主治医、自賠事業、損保事業、法曹資格者、司法機関に、医証偽造を行わせて通して有る、常に成功する訳です、この極悪犯罪も」

この、司法が命じて有る、医証偽造、刑法第160条、医師法第17条違反犯罪行為常に凶行せよ命令、指示事実も、合法と証明された、傷害事件立証用診断書が出た事も加わり、司法犯罪だから正しい犯罪だ、で常時成功させられる保証も失われて居ます、只の犯罪だから、元々。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561227
ユニークアクセス:5726917
今日
ページビュー:26
ユニークアクセス:26
昨日
ページビュー:1581
ユニークアクセス:1569

Feed