エントリー

証拠偽造の状態化、司法犯罪用

  • 2022/06/20 07:49

司法犯罪を常時成功させるには「犯罪こそ正しいんだと、弁護士と裁判官、検事が共謀して、裁判所、検察庁、警察、行政、政治、警察、黒い利得獲得の場合は、国税庁も組して、犯罪こそ正しいと、狂った判例を積み上げるのと」

犯罪が正しいんだ、こんな狂った判決、決定が正しいとなるように、事実抹殺、証拠偽造を重ねて、司法でっち上げ、犯罪正当化が正しいと偽装します。

司法でっち上げ、犯罪強制正当化の一つ、日弁連と東京地裁民事27部裁判官、医師会、国交省自賠責事業、厚労省労災事業、健康保険事業が共謀犯、赤本犯罪診断、賠償論が唯一正しい、第三者行為傷害で負わせた受傷に係る治療期間、賠償期間だ!と強引にでっち上げて通って居る手口は。

被害者の主治医に「赤本犯罪診断、司法犯罪マニュアル記載の手通りに、公務所宛診断書の偽造、行使をさせて有る事で、この司法極悪犯罪も、常時成功させて有ります、偽造診断書、偽造医証が合法な医証、医学的に正しい診断、医証は偽造、犯罪行為証明と、強引に捏造して、通して有る訳です」

この犯罪を、強制力も行使で、国中の医師、医療機関、保険者等に手を汚させて、成功させて有る条件には「刑法第160条不適用の徹底と、医師法第17条違反に付いての、医師法第31条1、刑事罰不適用の徹底が、司法、警察、厚労省らによって仕組んで有ります、この刑事罰を、正しく適用するとなれば、赤本犯罪診断、賠償も、司法犯罪マニュアル記載の、診断書偽造他犯罪の手も、全部摘発ですからね」

良く出て来る、鑑定医なる連中にしても「医師法第20条、診察して居ない医師は診断を下してはならない、これを行うと、医師法第33条2が適用され、50万円以下の罰金刑に処されtる、この法律の適用処か”刑法第160条が、公式適用されるんですよ”公務所に虚偽診断書提出、が正しい事実だから」

司法犯罪が成功している、闇の手口、理由はこう言う事です、国家権力を悪用させて、司法でっち上げ犯罪適法化を成功させる為に、合法潰し、犯罪適法と捏造目論見の、犯罪を凶行して有るんです、で。

司法犯罪が正しいと偽れるように、犯罪を重ねた事実、証拠実例は全て、司法、警察が、犯罪抹殺と、司法犯罪を暴いて証明した者を、冤罪粛清して、司法犯罪適法を正当と偽装して通して居るんです。

司法が犯罪の頭だから、司法犯罪を暴いて証明して、糾弾する平民を、逆恨みして冤罪に落とす事も、全く禁忌も持つ訳が有りません、合憲、合法の対局の国家犯罪集団だから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561328
ユニークアクセス:5727017
今日
ページビュー:127
ユニークアクセス:126
昨日
ページビュー:1581
ユニークアクセス:1569

Feed