エントリー

司法犯罪、遺産泥棒制度

  • 2022/06/21 08:48

司法犯罪、遺産は泥棒に成功すれば、遺産目録を偽造して、盗めた遺産を遺産から強制除外、担当裁判官が、職権乱用でこの遺産泥棒を正当と決定して、この犯罪も「公文書で有る筈の、遺産目録の偽造、行使を武器とさせて有ります、弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事も共謀しての、公式証明書の偽造、これで犯罪を抹殺成功として居ます」

遺産泥棒も「遺産、遺産目録から、相続事件を請けた弁護士が、遺産から除外した遺産目録を作って裁判所に出すと、偽造遺産目録と承知で裁判官が、正しい遺産目録、この偽造遺産目録の記載遺産が、遺産の全てだ!と、法に背いて決定、を武器とさせて居ます」

裁判所、司法が行って居る、遺産相続事件の扱いの、これが真実です、犯罪相続が司法の実態です、遺産は盗みに成功すれば、泥棒が無税で所有権を得た事と偽られ、通されている、又。

遺産物品、負債分類の不動産も「遺産なのに、強引に遺産から司法テロで除外して、詐欺犯罪遺産相続手続き、で終わった事とでっち上げで決めて居ます」

当然ですが「遺産相続は終わって居ないから、相続を潰された遺産、物理的な遺産は、未相続遺産で残り、存在して居ます、この事実も、司法犯罪によって山のように発生させられて居るんです」

司法犯罪、遺産相続も出鱈目、極悪な司法犯罪実態です、遺品整理、生前整理委任、請負なる犯罪行為も、司法犯罪でも活用が国中で、この事実が有るので、犯罪委任、犯罪請負が公然と行われて、通って居るんですよ。

この犯罪の委任、請負には、地方行政機関も組して成功させて居ます、廃棄物及び清掃に関する法律の所管権限、の悪用が武器なので。

遺産預金泥棒取得は、金融機関と監督官庁、国税が共謀犯で成功です、司法犯罪はどれも、犯罪だから当然ですが「他の国家権力が共謀犯で、成功させて有るんですよね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561103
ユニークアクセス:5726793
今日
ページビュー:1483
ユニークアクセス:1471
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed