エントリー

場当たりの犯罪で

  • 2022/06/24 07:59

まあ、次々と「狂った犯罪を重ねて行く物です、これが損保、提携弁護士、司法を謳う、憲法、法律を正しく駆使、適用させる事を必須とされて居る、事実と真逆の権力テロ、犯罪行為国家権力の真実です」

;第三者行為傷害求償手続き書類、誓約書、示談署は偽造だ!根拠は示さずで、札幌市国保企画課に、中島なる弁護士が電話を掛けて、こう脅迫実行、この犯罪、被保険者で、死去して被相続人となった人に対する相続権者と、東京海上日常です。

示談書は、加害者と被害者間で交わした書類です”偽造の示談書だ,何故偽造と、札幌市国保企画課は思わないんだ!”何処に偽造の事実、証拠が有ると言うのか?公務所に直接、当事者間の示談書は偽造だ、も含めた、事実無根の脅迫を、弁護士にさせたのは、被相続人に対する相続人と、東京海上日動です」

傷害事件加害者が、被害者と示談書を交わして、示談した分ずつ、加害者が被害者に支払った、損害賠償債務金に付いても「親戚だから、医療費等で困って居るから、振り込んだだけだ!等、言い掛かりで弁護士、相続人、東海から指示されて、札幌市国保企画課に電話をして、虚偽を吐いて脅したと言う、偽造書類なのに、不当に相続人に、被相続人が負った損害賠償債務金支払いを求めた、札幌市国保企画課が、悪の行為者だ、と言う、言いがかりの脅しです」

加害責任者は「交わした示談書と、証明祖、共にコピー証明書で証明された、個別示談損害賠償金を、被害者に支払いました、この支払った証明書のコピーから、更にコピーを録り、東海に、損害賠償債務金を支払った分、損害保険で補填支払いせよ、と請求手続きを取って居る事を、脅迫請負弁護士に、隠蔽して脅させたと、東海の答えが出て居ます」

さて今後は「この、被疑者に対する相続人、東海、この連中が委任弁護士による、虚偽を持った札幌市から違法な脅迫事件、の内容で、札幌市国保企画課、私を相手取り、求償書類、誓約書、示談署は偽造だ、偽造書類で遺産金詐取した、この文書が来るのを待つばかりです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377792
ユニークアクセス:5544445
今日
ページビュー:3292
ユニークアクセス:3265
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed