エントリー

犯罪に手を染めた、実行犯が証言

  • 2022/06/24 08:20

札幌市国保企画課に対して「求償手続きによる、支払い責任者に対する支払い請求手続きを取った事に対して”加害者が死去して、相続を受けた人間が、東海が違法に弁護士費用を拠出して、弁護士を立てて、札幌市国保企画課を、言い掛かりで直接脅迫、一回目実行に走った”」

この事は、東海が正しい事実と認めたし、もう言い逃れ出来ません、詐欺とでっち上げた嫌疑を警察に訴えて、違法な捜査を行わせた事件、に続いての、でっち上げた犯罪の嫌疑で陥れに、事件です。

これで同じ傷害事件に絡み、二回目?の、損害保険金不払い目論見での、冤罪捏造、損保、提携弁護士、この事件では、加害側賠償債務者も直接共犯、の事件勃発です、冤罪をでっち上げて、被害者を陥れる目論見の事件、定番の損保、司法犯罪事件です。

一回目の、損害保険金詐欺冤罪でっち上げでは、まんまと刑事が騙されて、正しく詐欺事件と訴えて来た、事実証拠、根拠が有るとも確認せずで「傷害事件被害者の私に対して、取調室で、詐欺の嫌疑で調べを行い、詐欺に該当せず、保険請求権自体無い被害者、等を、こちらで刑事に説明して、東海がでっち上げた、損害保険金詐欺冤罪を晴らしました。

で今度は「第三者求償手続き書類、誓約書、示談署偽造による、遺産金詐取目的犯罪を行って居るとの、でっち上げた言い掛り行動、先ずは札幌市国保企画課相手に、虚偽の求償書類、誓約書、示談署を偽造して、相続遺産金詐取を目論んで動いた、との脅し行為です”」

当然ですが、中島なる弁護士による、この言い掛りの脅しにも、何処にも合法と言う証拠も事実も有りません、東海、加害者死去で、相続を受ける者、委任弁護士が、言い掛かりで札幌市を、直接脅迫等犯罪被害に落としました。

極悪非道を超えた、損保、加害側両弁護士委任者、受任犯罪弁護士による、行政い掛り脅迫事件から、事実です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377858
ユニークアクセス:5544511
今日
ページビュー:3358
ユニークアクセス:3331
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed