エントリー

次々と損保、提携弁護士、加害側による、合法賠償潰し犯罪が

  • 2022/06/24 10:17

次々とまあ、損害賠償金を、犯罪に手を染めて潰すべく、の犯罪が、損保、提携弁護士、加害者側の共謀犯罪で繰り広げられ捲り続けて居ます、終わりのない、損保、司法犯罪です。

損害賠償債務者が死去して、遺産は潤沢に残したが、相続人が、被相続人の損害賠償債務支払いしたくないからと、損害の補填責任を負う、損保、提携弁護士と共謀して、犯罪を重ねて、賠償金詐欺、遺産金詐欺事件を捏造に走り、公務所、第三者求償請求も、脅迫、恐喝で潰そうと実力行使も。

仮定の問いでしたが、事実と東京海上日動は、詳しく認めました、悪意を前提とさせて、損害賠償債務支払い潰しを成功させる為、求償書類、誓約書、公文書と、当事者間示談署が偽造だ等と、違法委任、違法受任辯護士を動かして、直接行政機関に脅しを掛けさせたと言う。

今時、闇の住人でも、表立って行う事の無い、しかも「完全な言い掛かりによる、行政から脅迫事項開始です、損害賠償金踏み倒しを目論んでの、短絡悪質犯罪です」

犯罪者としても、最低レベルの犯罪ですが、損保、司法、提携弁護士、加害責任者側が共謀して、日常的に凶行三昧犯罪と言う。

取り敢えず、この言い掛かり脅迫内容で文書が出れば、札幌市役所、私から、警察に届け出を出します「脅迫内容が事実か、虚偽を持った脅迫か、ここから捜査する、との答えが出て居ます、が」

脅迫は?捜査しないのか?そう言う法律では無いが?脅迫、恐喝は、犯罪責任免責規定、でっち上げて有るのか?

脅迫指揮犯東海、相続人、に保険者の遺産を相続予定の人物が、犯罪を弁護士に嘱託、請けた辯護士、大手を振って公務所から言い掛かり脅迫、事件の今後の推移、どうなって行くか?

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377928
ユニークアクセス:5544581
今日
ページビュー:3428
ユニークアクセス:3401
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed