エントリー

求償担当の実態

  • 2022/06/24 16:48

直接の身内が、損保と共謀して、損保が金を出して、遺産相続問題に絡み、札幌市役所に対して、言いがかりを持って脅迫行為等に、と言う。

一回既に、損保と提携弁護士が共謀して、詐欺冤罪を捏造して、警察を騙して、詐欺事件の嫌疑?で、の事件が起きて居ます、に続いた、第三者求償手続き、誓約書は偽造だ、当事者間示談署も偽造だ、の言い掛りを持った、札幌市に対する脅迫実行事件です、と。

相続遺産金から先ず、被相続人が負って居る、損害賠償債務支払いが必要と言うのが法の規定ですが「求償手続き、誓約書、当事者間示談書が偽造だと、札幌市に言い掛かりを持ち、脅迫に走り、被相続人が負って居る、損害賠償債務踏み倒し、を目論んでの犯行と」

しかしまあ、求償手続き、誓約書原本は、札幌市に有る訳だし、当事者間示談書の原本は、向こうには有りませんし「偽造書類だ、何故求償支払い請求して来た(相続人が指示した脅し項目、に該当)示談書も偽造だ(お前が被相続人の生前、うちに持って来た示談書だ)だの、加害者が被害者に支払ったxxx万円は、親戚だから医療費等に振り込んだ、貸付金だと分からないのか(この脅しも、相続人が指示)だのと、札幌市役所に対して、脅しで使ったと言う」

でも「被相続人は生前、この示談書のコピーと、証明書のコピーとで、記載額を振り込んで、損保に支払った賠償額分、加害者が損保に対する債権者になり、これ等証明書コピーを添付して、支払い請求している事実、証拠がある事を、損保は脅し担当弁護士に、隠蔽して居ると」

「親戚だから、医療費等に困って居るから振り込んだ金だ、損害賠償支払い金では無い」相続人が指揮してこう脅しを、札幌市に掛けさせたが、全くの言い掛りです、言い掛かりで札幌市役所を脅した、関係書類、加害者が絡んで署名押印した書類、偽造と言う言い掛りを持って。

昨年の、東海に騙されて、私を損害保険金詐欺行為者との、でっち上げた嫌疑取り調べた事件、被保険者でも無く、請求権も無い私が、損害保険金詐取を目論み、違法請求した、とのでっちあげた犯罪内容届け出を受けて、に続く、同じ傷害事件に係る、次の多様な冤罪でっち上げ、不当脅迫事件、詐欺捏造も事件です。

 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377980
ユニークアクセス:5544633
今日
ページビュー:8
ユニークアクセス:8
昨日
ページビュー:3472
ユニークアクセス:3445

Feed