エントリー

訴訟詐欺実例証拠

  • 2022/06/30 08:06

@人身交通事故事件発生、以後の流れ、司法ぐるみの極悪犯罪の手口。

;被害者の主治医は、司法、損保、監督機関命令に沿い”加害者の刑事、民事責任軽減、免責を畑津為、怪我の治療は7日~10日と捏造捜査機関用診断書のみ発行”重症でも21日程度の治療と捏造、正式な傷害事件で扱われる事を潰す為。

;この偽造公務所用診断書を武器とさせて、一カ月以内に虚偽の傷害事件、軽微な事件とでっち上げた捜査内容で送致、検事も共犯だから、やらせで不起訴処理、この間二か月以内。

;この捏造捜査機関用診断書、出鱈目刑事事件記録、不起訴処理も武器とさせて、怪我の治療から潰し放題が成功。

;これらの司法指揮犯罪で、合法な対人賠償潰しも常時成功、司法犯罪の強大な権限!

;この司法犯罪が、あまり上手く行かない場合は”自賠責と、被害者側任意自動車保険、人身傷害特約で、対人賠償、補償金、自賠は払って終わり、人身傷害は、対人賠償の仮払いが軸”ですが、加害者名で加害側任意損保、提携弁護士、裁判官が結託して、もうこんな金額、対人賠償金を払った、計算したら、過払いとなって居た、債務は不存在だと、対人賠償支払いせずで、詐欺訴訟提起、裁判官は、詐欺内容と承知なので、支払い証明、賠償額根拠等不要と強制決定、損保弁護士がでっち上げた内容で、めくら判判決のみ常時。

;実際には、加害者、加害者加入と言うだけの、任意損保は対人賠償金支払いして居ないのに”加害側は、過払い支払いだった”と、事実無根で判決日常、でも”虚偽と承知故、過払い支払い分、加害者に返金しろ、とは、判決に書かない訳です”実際には、加害側は対人芭蕉不払い、も多数と承知の裁判官、司法故です”訴訟詐欺そのものの、日本の刑事、民事訴訟法手続き事実です。

ここまでの犯罪で構成されている上に「損保、提携弁護士が、損害保険金詐欺だ!と、事実無根で訴えれば、事実無しで、損害保険金詐欺冤罪に落とされるからくりも組まれて居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678370
ユニークアクセス:5842975
今日
ページビュー:1318
ユニークアクセス:1311
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed