エントリー

損保、司法犯罪は、行政に犯罪を強要で成立

  • 2022/08/08 08:51

;遺産金、遺産預金は、泥棒に成功すれば、泥棒が犯罪収益を、国税も共謀するので、無税で犯罪利得全額、手に入れて逃げられて”弁護士、裁判官、検事が共謀して、犯罪で奪わせた遺産金は、徴税を逃れさせて、遺産目録を偽造して、盗めた遺産金を、強引に遺産から抹殺して”全額犯罪者と、共犯弁護士らが手に入れて通されて居ます、司法、警察が、行政にも犯罪を求めて、行政も共謀犯罪で成功、の構図です。

;損保が加害者側の立場で、対人賠償債務金補填支払いする場合”損保が医師、司法、警察を、賠償踏み倒し目論見の、損害保険詐欺冤罪をでっち上げる、が主体で、指揮下に置いて居るので、受傷は軽微、事件と受傷は無関係、等の偽造診断書のみ発行させて通す”これに医師が応じないなら、犯罪者診断をでっち上げれば、主治医の合法医証は偽造で潰せて居ます、この犯罪で、加害者の刑事、民事責任を、常時潰せて居ます。

;この犯罪を成功させても”傷害事件で負わされた傷病の治療が、その後も必要であれば、他の傷病原因をでっち上げさせて”公的資金詐欺と、自己負担で治療継続とさせて居ます、国交省、金融庁、厚労省、国税査察などが共謀犯罪を重ねて、成功させて有ります。

;自賠責事業、労災事業、損保事業が共謀犯で”この事業が、第三者行為傷害で傷病被害を負わされた被害者に対して、補償、賠償金支払い責任を負った場合”医学上有り得ない、症状固定等と言う、オカルトでっち上げ診断?”を、主治医に強制的に、虚偽と承知で付けさせて、主治医に一般傷病カルテを偽造させて、公的資金、医療費等詐欺に走らせて居ます。

;上記権力犯罪に、労災事業、主治医、保険者が従わない場合は”犯罪診断が正しいんだ判決”を下して、労災事業、健康保険事業、主治医を脅迫して、犯罪に従わせる手を使って居ます。

このように、損保犯罪を成功させる為に、警察、司法、行政が、必要な犯罪に手を染めて、損保等が合法な対人賠償を、公然と踏み倒して通るように、仕組まれて有る訳ですよ、国家権力の悪用が武器と言う。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561289
ユニークアクセス:5726979
今日
ページビュー:88
ユニークアクセス:88
昨日
ページビュー:1581
ユニークアクセス:1569

Feed