エントリー

兵糧攻め、対人加害者側と、警察、司法、行政共謀のテロ!

  • 2022/08/18 08:17

山本巡査からの、一方的追突、重い傷害被害事件で、山本巡査、共栄火災が、予定通り、言い掛かりで不払いに走ったから、自賠責16条、被害者請求手続きを取ったら、国土交通省補償制度参事官室、上中専門官と、自賠責窓口損保ジャパンが共謀して、次の合法蹂躙テロ、に走った訳です。

上中専門官、自賠窓口損保ジャパンー自賠法第16条請求、被害者請求は受け付けない、この法の規定では、被害者請求を請ける規定だが、判例があるので、自賠法第16条請求受付を拒否する!!

上中専門官、自賠窓口損保ジャパンー自賠責事業の資金は、加害者、加害者加入任意損保、被害者加入任意損保、人身傷害特約の順で、引き出す権限を、自賠法の規定に拠らず持って居る、被害者請求、16条請求は、加害者、加害者加入任意損保、被害者加入、人身傷害損保が、16条請求に応じて良い!と認めない限り、自賠法の規定を無効化させて、不払いで通す!

この事実、実例でも分かりますでしょう「札幌弁護士会、佐藤会長が証言した”法に拠らず、対人賠償不払いさせて、兵糧攻めに追い込み、長期治療の被害者は、治療途中で治療を終えたと医証を偽造して、この間しか対人賠償されないように仕組んで有ります”治療途中に、その間の対人賠償請求するなら、弁護士が受任を拒否します、治療を終えた、と偽造しないなら、対人賠償全て踏み倒して居ます」

この犯罪も含めて、不法な不払いで、兵糧攻めを行うと言う、更に「休業損害、医療費等不払いで、窮乏させて、損害賠償請求を提起する費用も、当然出せなくさせて、合法な対人賠償請求自体、潰せて居ると言う事です」

公権力が、損保の下僕に堕ち切って居て、只の国家権力恐喝に走って居る訳だ、恐喝実行資金は、自動車保険料資金、直接実行は、損保、提携弁護士他、被害側自称も含めた辯護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、警察、国交省、厚労省、金融庁、法務省らが共謀犯!

国家権力を謳うが、実態は、損保の下僕、傀儡テロ犯罪国家権力、損保が命じるまま、合法な対人賠償を、権力犯罪で踏み倒し放題、詐欺冤罪もでっち上げて、冤罪に落とし放題、司法、警察がこれら権力犯罪実行部隊、統一教会の傀儡、政治と同様の構図。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433725
ユニークアクセス:6585802
今日
ページビュー:1059
ユニークアクセス:1035
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed