エントリー

遺産預金泥棒、司法犯罪が成功したのも、犯罪利得隠蔽、犯罪利得への徴税つぶしが出来た故

  • 2022/09/23 09:09

遺産預金泥棒が、幾ら盗んでも、無税で逃がされて、犯罪やった者勝ち!((´∀`))ケラケラで通った理由も、遺産預金を誰が、何処から幾ら、何時盗んだか?これを故意に証明せず「死人は死後も生きており、死人が自分で、自分の遺産となった預金を引き出したんだ」

この狂った司法、警察、金融屋、監督官庁共謀の、オカルト犯罪虚言で「嘘で塗り固めた犯罪利得取得成功!( ´艸`)の手が、国中で強制適用だけ、されたから成功した訳です」

当然ですが「国税も直に共犯ですから”司法犯罪だし、犯罪者が手にした犯罪利得は、徴税逃れ対象の犯罪利得だ!”この、国税による、犯罪利得は徴税対象外、刑法第19,20条から無効化した!国税犯罪、も犯罪利得を無税で泥棒が取得、常時成功、に繋げた武器です」

司法犯罪だろうと「犯罪で資金を、犯罪者側用に流して、捜査機関は故意に、強制力行使で、犯罪で資金を流した事件の捜査潰しに走るし、国税も、犯罪で得た利得は無税で泥棒が取得出来るように、合法徴税潰し常時、に走るだけだから」

犯罪で資金を犯罪者等に流したら、犯罪者は無税で、犯罪利得を自己所有と出来て、通されるのみ、が成功して来て居るんです。

警察、司法、国税、関係する行政機関等が犯罪の元締めです、ここまで程度が低い、三流以下の犯罪でも、強引に犯罪責任を潰す事も重ねて、成功に持ち込めて当然です、テロが横行して、通って居るからです。

捜査機関が正しく、犯罪で資金が流された証拠等を取得して、犯罪で流れた資金の出所、金額、横流し手段、横流し先、流した資金の現在の状況などの証拠も揃えて、横領、窃盗、詐欺、恐喝等、正しい罪状を科して、正しく刑事訴訟法手続きを実施してりゃ、違法に資金を流しても、横領、詐欺、窃盗、恐喝等事件と扱わず、犯罪収益を、無税で犯罪者所有と強引に決めて通して居る、現行の司法、警察が、損保の下僕で凶行犯罪、成功しないんですが。

見ても理解不可能の、他事業者の帳簿等だから、ここまで出鱈目な、関係する国家権力が共謀犯、で成功させて有る違法行為、犯罪、テロが日常化されて居る訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561295
ユニークアクセス:5726985
今日
ページビュー:94
ユニークアクセス:94
昨日
ページビュー:1581
ユニークアクセス:1569

Feed