エントリー

司法犯罪、経済事犯も捏造、虚偽の業務上横領、詐欺犯罪捏造も常と、犯罪利得隠匿、脱税も犯罪合法判決で

  • 2022/10/02 08:29

司法犯罪には「虚偽の業務上横領犯罪、犯罪者捏造や、でっち上げた損害保険金詐欺事件、詐欺犯捏造の状態化事実、も有る通りです」

この司法犯罪も、経済事犯事件だと、正しい証拠を揃えた告訴告発、刑事訴訟法、民事訴訟法扱い事件、これを正しく証明出来た、証拠の取り揃えを前提として、事件として正しく受理、事実証明等により判決、決定、これが先ず必須条件ですが「虚偽の経済事犯で訴えたと、警察、検事、検察庁、刑事、民事事件担当裁判官、裁判所も熟知して居るから”経済事犯事件だと言う、正しい証拠等、強制的にも、揃えず受理、でっち上げただけの戯言告訴告発、訴訟提起を承知で、訴え通りが正しいと、詐欺判決、詐欺決定のみ下すからくりを、司法犯罪で、でっち上げで作って有ります」

普通は「ここまで出鱈目な、経済事犯事件だとの、根拠無し、虚偽の訴えで受理、出鱈目な訴え通り強制判決のみ下す、虚偽の経済事犯犯罪、犯罪行為を、正しい事実と、犯罪判決で強制熱層が常時成功、なのですけれどね」

特に「経済事犯事件で有れば”経済事犯事件で有る事の、必要な証拠の取り揃えが先ず必要で、被害者特定と、被害資金証明、被害金額証明も必要で、被害資金が、どうやって、どこの誰に、幾ら流れたか?この事実証明も必要です”が」

でっちあげ、虚偽の経済事犯事件をでっち上げて、刑事、民亊で訴えて有るだけだから『正しく経済事犯事件だと、全く証拠が無いし、被害資金が、何処から、幾ら、どう言う犯罪で、誰に幾ら流されたと言うのか?証拠も揃えない、でっち上げた経済事犯事件捏造、受理、でっち上げた経済事犯事件だが、正しい犯罪だとのみ、根拠無しで常時判決、迄仕組んで有りますけれど」

税務署に対して「経済事犯事件とでっち上げて有る、これが事実である、徴税目的調査を求める、と、国税徴収法発動を求めれば”司法犯罪、でっち上げた経済事犯犯罪”で有ろうと、徴税の可否調査実施、に動いてくれる場合も多く有るんです」

でっちあげた経済事犯事件だから「徴税目的の調査の実施により、でっち上げた経済事犯事件と証明出来るし、賠償踏み倒し目論見の、詐欺事件でっち上げや、対人賠償犯罪で踏み倒し目論見での、巨額の遺産資金隠匿、巨額脱税目論見損保、司法共謀犯罪事実も、事実証拠を持って、徴税目的調査を求めれば、正しい徴税目的調査を行い、合法徴税実施、も果たされ出して居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678282
ユニークアクセス:5842887
今日
ページビュー:1230
ユニークアクセス:1223
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed