エントリー

東京海上日動が、違法な自家用自動車保険適用で、不払い用に、損害保険金詐欺事件捏造目論見、偽証を捜査機関に指示して取らせて、詐欺冤罪成功まで

  • 2022/10/03 10:05

昨年起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも「平成23年8月18日から始まった、共栄火災、日下課長補佐、田中燈一辯護士が、中央警察署刑事二課、平田警部補を指揮して、でっち上げた損害保険金詐欺事件、を成立させて、私を詐欺の共犯者、に落とそうとも、虚偽を重ねた、損害保険金詐欺冤罪用の、犯罪捜査指揮凶行、この事件と同様に」

虚偽の損害保険金詐欺自白、から取って、私を損害保険金詐欺冤罪に落とすべく、損保、提携弁護士が、警察、検事、刑事担当裁判官を、詐欺でっち上げを成功させる為に、犯罪捜査指揮に、が起きて居ます、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任、こいつが転勤した後は、木村課長補佐が、損害保険金詐欺冤罪を、犯罪によって成立させる、と暴走し捲って居ます、従兄、被疑者の息子も、直接犯罪に手を染めて、組して居ます。

正しい事実、証拠は「自家用自動車保険は不適用、焼却炉は、被疑者が自己資金で購入して、息子が社長の会社に届けた機器故、故人が加入して居る、自家用自動車保険は適用不可能、が証明されており、保険業法違反から適用です、背任行為です、東海の資金を、違法拠出して居る、背任行為です」

焼却炉購入費拠出は、被疑者が自己資金で拠出、私は購入費など出して居ませんし、被疑者が加入の、自家用自動車保険は、被疑者が被保険者で、被害者の私は、被保険者不適格、詐欺請求等蹴られて終わるから。

税務署も、証拠によって「焼却炉購入費は、被疑者被相続人の自己資金で購入、息子相続人の会社に届けたから、この法人に対する出資金、相続人の相続遺産金、と答えて居ます、私や、経営する法人とは無関係、税務署が答えて居ます」

当事者間示談書も、こいつらの言い掛りとは違い、合法な示談取り交わしで、合法な示談分の示談金支払い、貸付金、贈与金では無い、貸付金と言うなら、息子相続人は「被相続人が貸付した金だが、未回収の相続税対象遺産金、相続税を納付する対象の遺産金、と、税務署に届け出が必要ですが、そんな届け出も何も、大掛かりな相続遺産金隠匿、巨額脱税を、東海、提携弁護士と目論見、の一環だから」

そもそも相続人、共犯者「巨額の相続遺産金を隠匿もして、高額脱税を成功させて、昨年の重過失傷害事件に係る、税務署が税務調査で証明事項が出来ないように、この巨大犯罪にも手を染めて出し、東海、提携弁護士、法曹権力、相続人等が共謀で、この事件だけでも、極悪な犯罪で有り、見逃されて居る事が間違いだけど、もう合法には向けない警察、司法他、が理由で」

東警察署、一体東海、伴と、どんな対人賠償踏み倒し、巨額脱税等犯罪を成功させる為、と言う、東海伴からの、犯罪を行う捜査指揮を受けて、犯罪のどれ等を凶行して来たのか?北海道警察も、札幌検察庁、検事も、札幌の裁判所、裁判官等も共謀犯、実行犯の一角で。

数千万円もの遺産相続金甌税潰し犯罪、これだけでも重大犯罪です、警察、司法が、公然と手掛けて居る、相続遺産金隠匿、高額相続税脱税だけでも、全国報道されても当然、の犯罪だから、損保が指揮、警察、司法犯罪で有ろうとも、国税は、この一連の犯罪には、組みせずでいます・

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744771
ユニークアクセス:5908273
今日
ページビュー:1136
ユニークアクセス:1053
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed