エントリー

損保、提携弁護士が、警察、司法を独裁支配、自由に操り放題の現実

  • 2023/01/11 08:37

政治も含めてもう、カルトに乗っ取られ切っている現実が、山上徹也氏により、国際的に公とされて居ます。

同様の、公が、民に独裁支配され切って居る現実として、もう公式事実、実例証拠が揃い切って居る、民による、公の支配事実が、損保、提携を含めた弁護士らによる、警察、行政、司法犯罪い命令に従わせられて居る、テロ支配事実です。

公でありながら、民業でしかない、損保、共済、提携を含めた弁護士による、公権力を独裁支配出来ている事で、冤罪粛清を好きなように成功させられて居る、損害賠償も、犯罪を武器で行使し放題出来て、公権力が支配下なので、犯罪責任を抹殺出来ているし、犯罪を武器と出来る特権も得ており、悪事を武器とさせて、損が賠償踏み倒しも、好き放題出来て、犯罪で成功事実毎、免責で逃げられて居るのです。

ここまでの、損保、提携を含めた弁護士による、公権力独裁支配、民業に公権力が、犯罪指揮下に入り、民からの犯罪指揮を受けて、犯罪免責、冤罪粛清、犯罪を、民の指揮を受けた公ぐるみ、共謀で犯罪の限りを尽くし捲って、通して居る、実例証拠の山の現実により。

今後もう「公的機関、警察も行政も司法も、憲法、法律に等、既に従って居ない事実が、確固たる公式事実に昇格して居る訳だから、国民ももう、憲法、法律等に従って生活して居たって、守られる訳が無い現実にも、気付いて、同様の犯罪を活用する、損保、弁護士が指揮して、警察、行政、司法が、民業の犯罪指揮に、無条件に従い、権力犯罪に狂奔し捲って」

民業が目論む、公権力を指揮しての、犯罪成功、犯罪者責任免責の状態化の現実を、正しく見て、理解して、憲法、法律規定は、現実として無効化されている事実を踏まえて、どうやって身を護るべきか、各々、考えて、対抗策を構築して置かなければならないと言う、日本の現実です。

今ではもう、犯罪指揮を損保、提携を含めた弁護士が、警察、司法、行政を独裁支配下に置いて居る特権で、損保、弁護士が指揮する、冤罪抹殺、犯罪成功実現、犯罪責任強制抹殺成功、これを常時成功させて、公権力が通している現実、実例証拠は、現実で、言い逃れられない状況だとなって居るのだから、民業が、公権力を、現実の事実証拠の通り、独裁犯罪支配出来て、損保が求める、犯罪成功指揮を受けて、悪の限りに公が暴走している、損保が功を、ここまでの悪で操れている日本なのだから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7433730
ユニークアクセス:6585807
今日
ページビュー:1064
ユニークアクセス:1040
昨日
ページビュー:547
ユニークアクセス:538

Feed